全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

能代役七夕、城郭灯籠2基勇壮に

夕闇に浮かぶ万町組の城郭灯籠2基。笛、太鼓のはやし手たちが道中ばやしを響かせる(能代市元町で)

 能代の七夕ウイークの最後を飾る伝統の「役七夕」は6日、能代市中心部で行われた。当番の万町組が運行する2基の城郭灯籠が道中ばやしを奏でながら、威勢のいい掛け声とともに練り歩いた。この日は曇り空で気温は上がらなかったが、日が暮れた街に、灯籠が色鮮やかに浮かび上がり、地域を祭りの熱気で満たした。

 役七夕は、市中心部の五町組が担い、運行の当番が各町組に5年に一度回ってくる。今年の当番は万町組で、町組のリーダー格の親丁・万若、枝丁の中若と上川若、幸若、羽立若で構成。運行のまとめ役「大丁」は万若が務めた。
 万町組では昭和43年まで各若の5灯籠が運行していたが、48年以降は万若以外の4若が運行人員の確保の難しさなどから合同若を出すようになり、万若と合同若の2基による運行が続いている。
 6日の同市は朝から雲に覆われ、時折雨が降った。最高気温は21・2度(午前10時42分)にとどまり、「祭り日和」の天気とはならなかったが、2基の城郭灯籠は午後3時30分に万若会所を出発すると、道中ばやしと威勢のいい掛け声を響かせながら、街なかを堂々と練り歩いた。
 午後6時すぎからJR能代駅前で大休止した後、風の松原通りや西通町などを経て柳町通りに入り、午後8時すぎから太鼓のそろい打ちを披露。夜の街に2基の城郭灯籠が色鮮やかに浮かび上がる中、迫力ある太鼓の音色が見物客を祭りの興奮に包み込んだ。
 柳町通りから畠町通りに向かうため、「たっぺの坂」を上る場面では、引き手の男衆たちが懸命に綱を引っ張って坂を駆け上がり、役七夕の心意気を見せた。万若と合同若は午後9時すぎから万町で2度目の太鼓のそろい打ちをし、初日の運行を終えた。
 きょう7日は「シャチ流し」が行われる。午後5時40分から2基のシャチ灯籠を万町組の関係町内などで運行した後、能代港下浜ふ頭から水面に浮かべ、午後8時に点火する。

関連記事

田原で夏の風物詩「龍宮祭り」

 田原市白谷地区に伝わる盆の伝統行事「龍宮祭り」が15日、白谷海水浴場で行われ、時折、小雨が降る中、漁業関係者や地元住民らが豊漁と海の安全を祈願した。  祭りは漁業が盛んな同地区で江戸時代から続...

北羽新報社

「大人の自覚」を胸に

 能代市と八峰町で14日、成人式が行われた。スーツやドレス、羽織はかまなどで着飾った新成人たちが続々と会場に足を運び、久しぶりに再会する友人たちと共に大人になった自覚を新たにしていた。2市町合わせた...

荘内日報社

世界かんがい施設遺産 庄内町 北楯大堰を登録

 農林水産省は14日、庄内町の北楯大堰が本県の施設では初めて「世界かんがい施設遺産」に登録されたと発表した。世界かんがい施設遺産は、建設から100年以上経過し、かんがい農業の発展に貢献したものや、卓越し...

紀伊民報社

熊楠ゆかりの植物栽培

 和歌山県白浜町の南方熊楠記念館は、熊楠ゆかりの植物「イセハナビ」(キツネノマゴ科)と「ハカマカズラ」(マメ科)の栽培に取り組んでいる。学術スタッフの土永知子さん(58)は「植物を身近に感じて、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク