全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豊橋東高で世界平和祈念集会

 豊川海軍工廠(しょう)大空襲から73年を迎える7日を前に、豊橋市の県立豊橋東高校で6日、生徒会主催の世界平和祈念集会が開かれた。同工廠に学徒動員された前身の市立高等女学校(高女)、県立豊橋第二中学校(二中)の生徒らが犠牲に遭うなど、戦争で亡くなった人たちの冥福を祈り、平和を祈った。  集会は、戦後50年の節目に設置された平和祈念碑「若葉の祈り(同じ空)」がある中庭を会場に行われた。碑には、工廠の空襲で犠牲となった生徒や卒業生、教員の74人、終戦の前年に学徒動員され、東南海地震で殉職した23人の名前が刻まれ、豊橋空襲でも犠牲者が出ている。  藤原照明校長は「若い命が奪われた悲惨な戦争を繰り返してはならず、風化させず、後世に語り続けていかなければならない」と訴え、「なぜ戦争がなくならないのか。正しさだけを主張して他者を責めることは醜い行為。大切なのは、他者の見方や感じ方の違いなどを受け入れる包容力や思いやりの心」と述べた。  工廠への空襲が始まったとされる午前10時13分には、全校生徒、教職員、高女などの卒業生らが黙とう。生徒を代表し、2年の池尾典さんが「過去を忘れ、平和への努力をやめれば、また戦争を繰り返すかもしれない。この事実を後世に語っていきます」と誓った。  碑の前には、ともに1年の壁谷茉奈さんと廣濱音々香さんが折り鶴と花束をささげた。  集会の最後には、戦没者らへの哀悼の意と世界平和への祈りを込め、高女と二中、東高それぞれの校歌を1、2年生の歌唱隊78人を中心に全校で歌い上げた。

関連記事

長野日報社

「伊那華のみそ娘」仕込み 伊那市東春近の女性組合

 長野県伊那市東春近の農家女性でつくる「伊那華のみそ娘加工組合」のみその仕込みが15日から、JA上伊那みそ加工施設で始まった。地元産の原材料と昔ながらの製法にこだわった安心・安全のみそは好評で...

東栄町・普光寺の「銅鉦鼓」が県有形文化財に

 県は、県文化財保護審議会(丸山宏会長)の答申に基づき、東栄町振草古戸中原、普光寺の工芸品「銅鉦鼓(どうしょうこ)」など3点を新たに県有形文化財に指定、史跡1件の面積を追加指定することにし、15日...

紀伊民報社

熊野古道 外国人対応エリア拡大

 和歌山県の田辺市熊野ツーリズムビューローは、熊野古道中辺路で急増中の外国人観光客に、より長く古道歩きを楽しんでもらおうと、小辺路や大辺路、伊勢路でも受け入れ態勢強化に乗り出した。観光客の増加や...

荘内日報社

地域おこし協力隊員らが「複業」事例発表

 生業や地域づくりを考えるイベント「仕事が無いなら自分で作る?~若者がナリワイを作って活気のある地域に」が14日、三川町文化交流館「アトク先生の館」で開かれ、同町で活動している地域おこし協力隊の伊藤秀...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク