全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豊橋東高で世界平和祈念集会

 豊川海軍工廠(しょう)大空襲から73年を迎える7日を前に、豊橋市の県立豊橋東高校で6日、生徒会主催の世界平和祈念集会が開かれた。同工廠に学徒動員された前身の市立高等女学校(高女)、県立豊橋第二中学校(二中)の生徒らが犠牲に遭うなど、戦争で亡くなった人たちの冥福を祈り、平和を祈った。  集会は、戦後50年の節目に設置された平和祈念碑「若葉の祈り(同じ空)」がある中庭を会場に行われた。碑には、工廠の空襲で犠牲となった生徒や卒業生、教員の74人、終戦の前年に学徒動員され、東南海地震で殉職した23人の名前が刻まれ、豊橋空襲でも犠牲者が出ている。  藤原照明校長は「若い命が奪われた悲惨な戦争を繰り返してはならず、風化させず、後世に語り続けていかなければならない」と訴え、「なぜ戦争がなくならないのか。正しさだけを主張して他者を責めることは醜い行為。大切なのは、他者の見方や感じ方の違いなどを受け入れる包容力や思いやりの心」と述べた。  工廠への空襲が始まったとされる午前10時13分には、全校生徒、教職員、高女などの卒業生らが黙とう。生徒を代表し、2年の池尾典さんが「過去を忘れ、平和への努力をやめれば、また戦争を繰り返すかもしれない。この事実を後世に語っていきます」と誓った。  碑の前には、ともに1年の壁谷茉奈さんと廣濱音々香さんが折り鶴と花束をささげた。  集会の最後には、戦没者らへの哀悼の意と世界平和への祈りを込め、高女と二中、東高それぞれの校歌を1、2年生の歌唱隊78人を中心に全校で歌い上げた。

関連記事

サンタ姿で帯広市内行進 子どもたちにプレゼント

 サンタクロース姿で街中を行進し、闘病中などの子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「Hokkaido Santa Run inとかち 2018」が15日、帯広市中心部で行...

長野日報社

輝く冬の長谷に感動 大きなXマスツリー登場

 伊那市長谷の道の駅「南アルプスむら長谷」に15日、大きなクリスマスツリーがお目見えした。都市住民に長谷地区の魅力を体感してもらうモニターツアーが同日から2日間の日程で始まり、1都4県からの参...

ドラゴンズ選手による少年野球教室

 プロ野球中日ドラゴンズの松井佑介外野手(31)と谷元圭介投手(33)による野球教室が15日、東栄町立東栄中学校で開かれた。北設楽郡の小中学生65人が参加し、バッティングや投球のコツを学んだ。  野球の基...

荘内日報社

野の文化賞に黒羽根さん(鶴岡)

 「真壁仁・野の文化賞」運営委員会(梅津保一委員長)は14日、第34回「真壁仁・野の文化賞」に黒羽根洋司さん(71)=鶴岡市=が刊行した「庄内の女たち」が選ばれたと発表した。昨年、同賞に輝いた戸村雅子さ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク