全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豊橋東高で世界平和祈念集会

 豊川海軍工廠(しょう)大空襲から73年を迎える7日を前に、豊橋市の県立豊橋東高校で6日、生徒会主催の世界平和祈念集会が開かれた。同工廠に学徒動員された前身の市立高等女学校(高女)、県立豊橋第二中学校(二中)の生徒らが犠牲に遭うなど、戦争で亡くなった人たちの冥福を祈り、平和を祈った。  集会は、戦後50年の節目に設置された平和祈念碑「若葉の祈り(同じ空)」がある中庭を会場に行われた。碑には、工廠の空襲で犠牲となった生徒や卒業生、教員の74人、終戦の前年に学徒動員され、東南海地震で殉職した23人の名前が刻まれ、豊橋空襲でも犠牲者が出ている。  藤原照明校長は「若い命が奪われた悲惨な戦争を繰り返してはならず、風化させず、後世に語り続けていかなければならない」と訴え、「なぜ戦争がなくならないのか。正しさだけを主張して他者を責めることは醜い行為。大切なのは、他者の見方や感じ方の違いなどを受け入れる包容力や思いやりの心」と述べた。  工廠への空襲が始まったとされる午前10時13分には、全校生徒、教職員、高女などの卒業生らが黙とう。生徒を代表し、2年の池尾典さんが「過去を忘れ、平和への努力をやめれば、また戦争を繰り返すかもしれない。この事実を後世に語っていきます」と誓った。  碑の前には、ともに1年の壁谷茉奈さんと廣濱音々香さんが折り鶴と花束をささげた。  集会の最後には、戦没者らへの哀悼の意と世界平和への祈りを込め、高女と二中、東高それぞれの校歌を1、2年生の歌唱隊78人を中心に全校で歌い上げた。

関連記事

荘内日報社

鳥海山初冠雪 うっすらと雪化粧

 酒田市八幡総合支所は20日、鳥海山(標高2236メートル)の今季の初冠雪を観測したと発表した。昨年より16日、平年より9日それぞれ遅い観測となった。  酒田測候所が無人化された2009年10月以降、平場の同市...

来年10月に運賃値上げ JR北海道が経営改善策

 JR北海道の路線見直し問題について議論するJRと国、道、道市長会、道町村会、JR貨物による6者協議が20日午前、道庁で開かれた。JR北海道の島田修社長は経営改善の取り組みの一環として、来年10...

宇部日報社

山陽小野田市にコウノトリ3羽

 幸せを呼ぶ鳥といわれるコウノトリが、山口県山陽小野田市有帆地区の水田や河川に居付いており、住民が「かわいいね」と目を細めている。20日朝、有帆にある実家近くでイヌの散歩をしていた谷口貴子さん(...

北羽新報社

笑いあり涙あり、ミュージカル熱演

 能代支援学校(佐藤淳校長)の第23回ミュージカル「オオカミ少年~ひとりじゃないから~」は19日、能代市文化会館大ホールで上演された。高等部生徒37人が舞台に立ち、羊飼いの少年とその友達を中心とする笑...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク