全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

宇宙を身近に、JAXAコズミックカレッジ

完成したペンシルロケットを飛ばす子どもたち(市立図書館で)

 宇部市宇宙教育推進協議会主催の「JAXA(宇宙航空研究開発機構)コズミックカレッジ」が5日、市立図書館で開かれた。小学1・2年生とその保護者ら60人が参加。ペンシルロケットを作って飛ばして遊び、ロケットが飛ぶ仕組みに関心を持った。市は宇宙を素材とした教育を推進し、科学技術に関心のある子どもたちを育成していくことを目指して同協議会を設置し、初めてのワークショップを開いた。NPO法人宇宙アドバイザー協会の鈴木圭子さんが講師を務めた。

 ペットボトル製のロケットにアルコールを入れ、熱して気化させたところに電気を流して飛ばす実験を見学。ロケットを直進させるために羽根がなくてはならないことなど、構造に関する話を聞いた後、ペンシルロケットの製作に取り掛かった。紙を切り貼りして鉛筆ほどの長さのロケットを完成させ、ストローを挿し込んで息を勢いよく吹き込み、飛ばして遊んだ。同協議会は今後の事業として、宇宙教育セミナーを10月13日に山口大工学部で開催。10月20、21日は青少年会館で、NASA(米航空宇宙局)やJAXAの提供データを基にしたアプリケーション開発イベント「スペースアップスチャレンジ」を開く。また、人工衛星からのオープンデータを活用して防災マップを作成する小・中学生対象の講座を11月以降に開催する予定。

関連記事

本物の市電を操縦体験

豊橋鉄道が夏休みイベント  子どもたちに市内電車(市電)を親しんでもらおうと、豊橋鉄道(豊橋市)は16日、夏休み体験イベントを同市東田町の赤岩口車庫などで開いた。県内や静岡県から親子連れら31人が参...

荘内日報社

大雨 Uターンの足直撃

 庄内地方は16日、前日夜から降り続いた大雨の影響で、JR羽越本線は一部区間の運転を見合わせ、日本海沿岸東北自動車道あつみ温泉インターチェンジ(IC)―鶴岡西IC間が全面通行止め、国道7号堅苔沢地内が...

紀伊民報社

ウミガメ上陸10年で最少

 和歌山県みなべ町山内、千里の浜の今シーズンのアカウミガメの上陸、産卵状況がまとまった。上陸は161回、産卵は59回で過去10年で最も少なかった。  同浜は本州最大のアカウミガメの産卵地。浜の...

女子IH、若手の成長不可欠 北京五輪で悲願のメダルを

 4年後の2022年北京五輪を目指してスタートを切った女子アイスホッケー日本代表「スマイルジャパン」。14年ソチ五輪以来、再登板となる飯塚祐司新監督の下で悲願のメダル獲得を目指す。若手の育成など...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク