全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

福を呼ぶ第1回赤ちゃん泣き相撲開催【釧路】

 子供たちの健やかな成長と地域の発展を願う第1回「釧路の宝!赤ちゃん泣き相撲港まつり場所」(同実行委員会主催)が幸町野外ステージで行われ、釧路、帯広、東京から39人の0~3歳児と保護者が参加した。

 「赤ちゃんの泣き声は厄を払い、福を呼び込む力がある」といわれ、全国で行われているが、釧路では初めて。それぞれの四股名をつけた赤ちゃんは東西からステージへ登場。釧路若鳶会のメンバーに抱かれ、大きな泣き声が響き渡ると、会場では歓声が湧き起こった。

 「あびせ泣き」の決まり手で、最高優勝者に選ばれたのは「寧望雛丸(なのぴよまる)」こと石川寧望ちゃん(10カ月)。母親のありささん(25)は「東京からの帰省中にフェイスブックを見て知った。人見知りなので男の人が苦手です」と話していた。

 参加した赤ちゃんたちには手形色紙、名前入り木札ストラップなどが記念品として贈られ、菊地靖委員長は「若鳶会の協力をいただけたのは大変ありがたい。できれば、今後にもつなげていきたい」と話していた。

関連記事

長野日報社

赤く染まる横谷観音展望台 紅葉が見頃に

 茅野市蓼科中央高原の紅葉が見頃を迎えた。横谷渓谷を眼下に望め、市街地が遠望できる横谷観音展望台(標高1600メートル)はカエデ類が色鮮やかになっている。  同高原観光案内所によると、最近の...

豊川でJKまちづくりプロジェクト

 豊川青年会議所(=JC、夏目喬之理事長)は「ほいとも祭」が開かれる21日(日)、豊川稲荷門前周辺で「JKまちづくりプロジェクト」を開催する。市内在住の女子高生(JK)が考案した7カ所のインスタ映え...

荘内日報社

温海かぶ不作 祭り中止 苦渋の決断

 鶴岡市温海地域の特産品「温海かぶ」生産者らで組織する一霞かぶ祭りの実行委員会は15日、今年11月4日開催予定だった祭りの中止を発表した。8月の大雨などにより生育不良となり、販売分が確保できないため。温...

紀伊民報社

いよいよマツタケ本番

 紀南地方でマツタケの収穫が最盛期を迎えた。全国的に豊作といわれ、紀南でも「まずまず」という声が多く、今後に期待される。  17日には朝から、和歌山県田辺市上秋津にある農産物直売所「きてら」に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク