全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

大相撲「諏訪湖場所」 下諏訪町内にふれ太鼓

町中心街を回って大相撲夏巡業諏訪湖場所の開催をPRした「ふれ太鼓」

 大相撲夏巡業「諏訪湖場所」(6日、下諏訪町赤砂崎公園)を前にした5日、開催を知らせる「ふれ太鼓」が同町内であった。取組の際に力士の名前を呼び上げる「呼び出し」が、太鼓の音を響かせながら独特の節回しで諏訪湖場所での取組などを紹介し、町中心街を練り歩いた。

 ふれ太鼓をしたのは、照喜さん(49)=伊勢ケ濱部屋=と誠之さん(22)=伊勢ノ海部屋=の2人。同町木遣(きやり)保存会の会員約30人とともに、諏訪大社下社秋宮からJR下諏訪駅にかけて歩き、諏訪湖場所をアピールした。甲高い太鼓の音や雰囲気ある口上に観光客や住民が集まり、聞き入った。岡谷、諏訪両市の希望のあった店舗も回った。

 一方、会場の赤砂崎公園では、設営作業が大詰め。土俵作りは日本相撲協会指定の業者を中心に作業を進め、盛った土を「タタキ」と呼ばれる道具でたたくなどして固め、表面を円形に掘った後に俵を埋め、作り上げた。周囲の観客席を作る「席割り」なども進め、会場を完成させた。

 この日は一般公募のボランティア約95人が作業に協力。「一生に一度のことだと思うので」と応募し、土俵作りにあたった岡谷市長地片間町の男性(77)は「関取がけがなく取組をし、観客も楽しめる場所になるといい」と汗を拭っていた。

 6日は午前8時開場。力士の土俵入りや取組、相撲の禁じ手などを面白おかしく紹介する「初(しょ)っ切り」などが行われる。前売り券は完売。当日券のイスA席(6000円)約100席を午前8時から会場で販売する。

関連記事

北羽新報社

全国のトップ花火師 節目を彩る 第20回「港まつり能代の花火」

 能代の夏の風物詩の一つ「港まつり能代の花火」が20日夜、能代市の能代港下浜埠頭(ふとう)で開かれ、夜空にスターマイン(速射連発花火)など約1万5千発の大輪を打ち上げた。20回の節目を記念して、大仙...

人工育雛成功の「亜種アカモズ」公開 のんほいパーク

 豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)は、昨夏に国内で初めて人工育雛(いくすう)に成功した絶滅危惧種「亜種アカモズ」を園内で公開している。分散飼育で譲った個体を除く3羽を飼育中で、野外適応に取り組...

「豊橋祇園祭」が開幕 350本の手筒花火披露

 豊橋市関屋町の吉田神社で19日、夏の一大風物詩「豊橋祇園祭」が開幕した。午後6時半から、8町の氏子らによる奉納手筒花火の神前放陽が披露され、境内は大勢の見物客でにぎわった。  吉田神社は手筒花火...

長野日報社

諏訪湖花火大会 打ち上げセット数拡大 長野県諏訪市

 8月15日に開く第76回諏訪湖祭湖上花火大会で、長野県諏訪市の実行委員会は17日、打ち上げる花火のセット数を22セットから24セットに増やすと発表した。既存・新規のスポンサーから多くの協賛金が集まった...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク