全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

慶大野球部が合宿開始 十勝初 幕別

幕別運動公園野球場で練習に励む慶大野球部員

 慶応義塾体育会野球部(慶応大学野球部)が4日に来町し、夏季合宿をスタートさせた。十勝での合宿は初めて。幕別運動公園野球場を拠点に練習に汗を流している。滞在は11日まで。

 町は今年度からスポーツ合宿誘致に力を入れ、今回は合宿モニターとして同野球部を招へいした。同野球部は昨年秋と今年春の2季連続で東京六大学リーグを制している。

 主力選手や大久保秀昭監督ら同野球部の42人は4日午前、とかち帯広空港に到着。旅の疲れも見せず、午後1時から3時間ほどシートノックや打撃練習などを精力的にこなした。

 スタンドにはギャラリーの姿も。音更中野球部の部員(2年)は「声が出ていて打球が速い。参考になる」と熱心に見学。神奈川県から訪れた会社員の清水翔太さん(22)は、昨秋のリーグで首位打者に輝いた同野球部OB。「神奈川で育ったが、生まれは幕別。故郷での合宿を見に来たかった」と後輩たちを激励した。

 慶大野球部の河合大樹主将(4年)は「涼しくて練習に集中できる。3季連続優勝に向け、チームの打力を向上させたい」と意気込み、大久保監督は「要望に応えていただいた幕別町に感謝したい。地域の皆さんとも交流し、選手のさまざまな成長につなげたい」と語った。

 7日は午後1時から町内の小・中学生を対象に野球教室を開催。同日午後7時からは札内コミュニティプラザで大久保監督の講演会が開かれる。期間中は練習試合も行い、9日午後0時半から星槎道都大、11日午後1時から北海道ガスと対戦する。

関連記事

児童が豊川海軍工廠の戦争遺構を巡る

演劇テーマを代田小の校外学習  豊川市立代田小学校(小島修校長)の6年生児童78人が18日、平和校外学習に臨んだ。11月10日に25回目を迎える演劇「ああ、豊川海軍工廠(しょう)」の発表を控えており、劇の...

紀伊民報社

534人が申し込み すさみで自転車イベント

 和歌山県すさみ町周参見の海水浴場を発着点に21日開かれる自転車イベント「ライドオンすさみ」(大会実行委員会主催、紀伊民報など後援)は、2部門で全国から計534人の参加申し込みがあった。実行委は...

荘内日報社

全長272㍍「羽黒山橋」つながる

 2020年度の羽黒山バイパス(約3・2㌔)供用開始を目指し建設が進められている鶴岡市羽黒町手向の主要地方道鶴岡羽黒線「羽黒山橋」(仮称)の橋桁締結式が17日、現地で行われ、全長272㍍の橋がつながった。 ...

宇部日報社

やまぐち健康維新キックオフ

 山口県の新たな健康づくりへの取り組み「やまぐち健康維新」のキックオフイベントが17日、山口ゆめ花博会場(多目的ドーム)で開かれた。村岡嗣政知事が「やまぐち県民一斉健康宣言」で、楽しく、無理なく...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク