全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

設楽で田口線跡ウオーキング

 半世紀前に廃線となった田口線の線路跡を歩くウオーキングイベントが4日、設楽町で行われた。県内だけでなく北海道からも参加し、田口駅跡や豊川沿いなど4・5㌔を歩いた。  田口線は新城市長篠の鳳来寺口駅(現在のJR飯田線本長篠駅)と同町田口にあった三河田口駅を結んだ延長22・6㌔のローカル線。1929年に鳳来寺口-三河海老間が開通、32年に全線開通した。56年には豊橋鉄道田口線となった。山林で伐採された木材だけでなく生活物資の運搬を担った。68年8月31日の運行で廃止となった。  イベントはかつて走っていた田口線の記憶を次世代につなげようと同町の住民でつくる「田口線50の会」(石井峻人代表)が主催。7月7日とこの日の2回を企画したが、7月は荒天のために中止となり、今回が初めてとなった。  参加したのは13人。設楽町役場から豊川上流部の三河田口駅跡、アユ釣りシーズンのみ開設された臨時駅の鮎淵、清崎駅跡を歩いた。  三河田口駅跡では廃線から50年が経(た)って駅舎が取り壊され、基礎部分のみが見られるのを確認。かつて線路が敷かれていた場所はアスファルトの道路などになっており、現在は設楽ダム転流工整備のために工事車両が行き交う中、ゴールを目指した。  石井代表は駅舎や旧沿線の一部は設楽ダムが建設されれば水没することを説明。北海道函館市から参加した公務員・兵庫隆俊さん(48)は「今しか見られない場所に来ることができた」と話した。  同会では設楽町役場から本長篠駅までのかつての全沿線を歩く「廃線50年記念ウォーキング」を10月14日に行う。参加料3000円(昼食・保険料込み)、別途バス代920円が必要。定員20人。問い合わせは石井代表(090・7273・5821)へ。

関連記事

紀伊民報社

みこし担いで海へ 熊野神社の潮掛け神事

 地元で「お熊野さん」として親しまれている和歌山県白浜町才野の熊野神社で13、14日、例大祭が営まれた。コロナ禍の影響で規模を縮小していたため、通常通り営むのは5年ぶり。地域をみこしが練り歩き、...

ウトナイ湖の春満喫 野鳥観察会に70人 苫小牧

苫小牧市植苗のウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターと日本野鳥の会苫小牧支部は13日、同湖畔で「春のウトナイ湖野鳥観察会」を開いた。市内外から約70人が参加し、湖畔の豊かな自然に触れた。 ...

荘内日報社

「ばんけせんべい」完成 オリジナル米菓販売スタート 公益大生×酒田米菓×メカ..

 東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)の学生たちが、菓子製造・酒田米菓(同市両羽町、佐藤栄司社長)、環境設備・装置製造などのメカニック(同市砂越、佐藤優社長)と共に取り組んだオリジナル米菓「ば...

父の遺志継ぎ寄り添う医療 帯広20条小児科内科クリニック診療再開

 20条小児科内科クリニック(帯広市西20南3、佐藤琢史院長)が15日、リニューアルして診療を再開した。先代院長の佐藤範宏さん=享年(71)=の死去で休診していたが、東京都内で小児科医をしていた長...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク