全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

天空の不夜城 色鮮やかに

高さ日本一の城郭灯籠が多くの住民や観光客を楽しませた「天空の不夜城」

 高さ日本一の城郭灯籠が夏の夜空を彩る能代七夕「天空の不夜城」は3日、能代市中心部の国道101号で開幕した。高さ24・1㍍の「愛季(ちかすえ)」と、5丈8尺(約17・6㍍)の「嘉六(かろく)」が色鮮やかな歴史絵巻を浮かび上がらせた。運行にはスタッフとボランティア合わせて700人余りが参加。七夕ばやしが響く街は熱気に包まれ、沿道の観覧客を楽しませた。

 商工、観光、行政など官民一体で組織する能代七夕「天空の不夜城」協議会(会長・広幡信悦能代商工会議所会頭)の主催。伝統の七夕行事を地域活性化に生かそうと25年に始まり、6年目を迎えた。
 コースは、昨年と同じ市役所第4庁舎跡地からいとく通町店前交差点までの約650㍍。午後6時20分に始まった開会行事で広幡会長は 「天空の不夜城の歴史はまだ浅いが、観光の目玉として育てていきたい。1年で最も熱い能代の七夕行事を心行くまで楽しんでもらいたい」とあいさつ。その後、市役所側から嘉六が出発し、2基の能代若、小若灯籠3基、愛季の順に繰り出した。
 2基の大型灯籠は日が暮れるにつれ、きらびやかな姿を夜の街に浮かび上がらせた。明治期に運行された大型灯籠を復元した嘉六と、高さが8階建てビルに相当する愛季は、沿道の家々や街路樹を見下ろすように進み、観覧客から歓声が上がった。
 運行には、能代青年会議所や能代商議所青年部のメンバーと商議所職員ら約70人、幅広い年代のボランティア約660人が参加。灯籠の引き手や田楽、笛と太鼓、鉦(かね)の奏者など多岐にわたる役割を担った。
 イオン能代店前には180の観覧席が設けられ、県外からのツアー客も目立った。運行終盤の午後8時ごろ、2基の大型灯籠と能代若が停止して「ふれあいタイム」。観覧客もコースに繰り出して引き手と交流したり、灯籠と記念撮影したりし、会場の熱気は最高潮に達した。
 最終日の4日も午後6時20分にイオン能代店前で開会行事を行い、午後9時ごろまで運行する。小若灯籠が3日より1基増え、計8基が繰り出す。プロバスケットボールBリーグの秋田ノーザンハピネッツの選手も愛季の引き手として参加を予定している。

関連記事

田原で夏の風物詩「龍宮祭り」

 田原市白谷地区に伝わる盆の伝統行事「龍宮祭り」が15日、白谷海水浴場で行われ、時折、小雨が降る中、漁業関係者や地元住民らが豊漁と海の安全を祈願した。  祭りは漁業が盛んな同地区で江戸時代から続...

北羽新報社

「大人の自覚」を胸に

 能代市と八峰町で14日、成人式が行われた。スーツやドレス、羽織はかまなどで着飾った新成人たちが続々と会場に足を運び、久しぶりに再会する友人たちと共に大人になった自覚を新たにしていた。2市町合わせた...

荘内日報社

世界かんがい施設遺産 庄内町 北楯大堰を登録

 農林水産省は14日、庄内町の北楯大堰が本県の施設では初めて「世界かんがい施設遺産」に登録されたと発表した。世界かんがい施設遺産は、建設から100年以上経過し、かんがい農業の発展に貢献したものや、卓越し...

紀伊民報社

熊楠ゆかりの植物栽培

 和歌山県白浜町の南方熊楠記念館は、熊楠ゆかりの植物「イセハナビ」(キツネノマゴ科)と「ハカマカズラ」(マメ科)の栽培に取り組んでいる。学術スタッフの土永知子さん(58)は「植物を身近に感じて、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク