全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

龍神産そば粉使用 ハンバーガーやクッキー

「村の爺婆の店」の新商品(田辺市龍神村安井で)

 和歌山県田辺市龍神村柳瀬の産品直売所「村の爺婆(じじばば)の店 まあはいらんせ」が、夏の行楽シーズンに合わせて、地元産のソバを用いたハンバーガー、たい焼き、クッキーの新商品を売り出した。

 店は地元の高齢者らでつくる「村の爺婆会」(辻達行代表)が運営している。  そば粉は、休耕田を活用してソバの生産や加工に取り組んでいる地域活性化団体「NPOええとこねっと龍神村」から提供を受けた。  店のスタッフによると、サトイモコロッケを挟んだハンバーガーは、丸パンの生地にそば粉を混ぜる割合を何度も変えて、食感がよくなるように工夫したという。1個300円。

 たい焼き、クッキーも生地にそば粉を練り込んで売り出した。他に、特製のサトイモエキスとそば粉などを使った、ごま豆腐のような新商品「そば豆腐」もある。ワサビじょうゆか黒蜜で食べられる。ゴマ入りの「そば豆腐」もある。

 店は、国道425号沿いにあり、普段の営業は金~日曜だが、8月は13~15日も開ける。営業時間は午前9時~午後4時。問い合わせは辻代表(090・9628・9360)へ。

関連記事

豊橋名物「濱納豆」普及へ 國松本店がイベント

 発酵食品「濱納豆(はまなっとう)」の製造販売を手がける豊橋市船町の「國松本店」は10日、濱納豆普及のワークショップや料理のプレゼンテーションを本店イベントホールで開いた。  創業140年。...

帯広・福原がチルド弁当 自社開発、レンジでおいしく 食品ロスも削減

 食品スーパーマーケット地場大手・福原(帯広市、福原郁治社長)は、チルド弁当を自社開発し、「ハピネス・デリカ」のブランド名で販売を始めた。自社工場を持つ強みを生かし、1個400円台(税抜き)の価格...

節目おいしく 音更・ハピオ30周年ハピまん、帯広・東洋食肉10周年鶏まん

 今年で開店30周年を迎えた木野農協系スーパー・ハピオ(音更町、黒田浩光社長)と、開所10周年を迎えた東洋食肉販売十勝事業所(帯広市、片山丈浩所長)はそれぞれ、記念企画として新商品の中華まんじゅう...

長野日報社

南箕輪開発公社 ハナマルキとコラボの「塩こうじプリン」6日から販売 長野県

長野県の南箕輪村開発公社(原賢三郎社長)とみそ・醸造製品メーカー「ハナマルキ」(本社・伊那市)が塩こうじを使った「塩こうじプリン」を開発し、6日から販売を開始する。同公社が企画、販売する人気商...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク