全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

熊野古道巡り交流 平泉から児童15人

平泉町の小学生たちに伏拝王子について説明する本宮町の小学生(左)=2日、田辺市本宮町で

 岩手県平泉町の小学5、6年生15人が1~3日、和歌山県田辺市を訪れ、世界遺産の熊野古道などを巡った。「武蔵坊弁慶」生誕の地と終焉(しゅうえん)の地の縁で両市町は1982年に姉妹都市提携を結んでいる。  町外にあるゆかりの地を巡り、平泉を学ぼうと町教育委員会が2012年から毎年実施している「ジュニア文化歴訪団」。今年は初めて東北地方以外の土地を訪れることになり、同じ世界遺産の地でもある田辺市を選んだ。

 一行は初日、闘鶏神社(田辺市東陽)などを見学し、2日目は同市本宮町の伏拝王子から熊野本宮大社までの熊野古道3・3キロを地元本宮小学校と三里小学校の26人の案内で歩いた。参拝を断念しようとした和泉式部を熊野権現が快く受け入れたという伝説などの説明を受けた。3日目は南方熊楠記念館(白浜町)を見学した。

 初めて熊野古道を歩いた平泉小学校6年の千葉迅人君(11)は「古道にある木の根を見て自然がすごいと思った」。同小6年の佐々木裕恩さん(12)は「熊野川が見えた時に感動した。帰ってから本宮の神様について詳しく調べてみたい」と声を弾ませた。  本宮小学校の竹辺志朗校長(57)は「互いに交流を深めることができた。これを機会につながりが深まれば」と話した。

関連記事

児童が豊川海軍工廠の戦争遺構を巡る

演劇テーマを代田小の校外学習  豊川市立代田小学校(小島修校長)の6年生児童78人が18日、平和校外学習に臨んだ。11月10日に25回目を迎える演劇「ああ、豊川海軍工廠(しょう)」の発表を控えており、劇の...

紀伊民報社

534人が申し込み すさみで自転車イベント

 和歌山県すさみ町周参見の海水浴場を発着点に21日開かれる自転車イベント「ライドオンすさみ」(大会実行委員会主催、紀伊民報など後援)は、2部門で全国から計534人の参加申し込みがあった。実行委は...

荘内日報社

全長272㍍「羽黒山橋」つながる

 2020年度の羽黒山バイパス(約3・2㌔)供用開始を目指し建設が進められている鶴岡市羽黒町手向の主要地方道鶴岡羽黒線「羽黒山橋」(仮称)の橋桁締結式が17日、現地で行われ、全長272㍍の橋がつながった。 ...

宇部日報社

やまぐち健康維新キックオフ

 山口県の新たな健康づくりへの取り組み「やまぐち健康維新」のキックオフイベントが17日、山口ゆめ花博会場(多目的ドーム)で開かれた。村岡嗣政知事が「やまぐち県民一斉健康宣言」で、楽しく、無理なく...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク