全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

帯大谷高C最優秀賞 とかちスイーツコンテスト

最優秀賞を受賞した帯広大谷高校Cチーム。前列左から木村さん、阿部さん、松橋さん。後列左から長谷川さん、林さん、福田さん

 十勝産の食材を使った今年度の「とかちスイーツコンテスト」(帯広市主催)の最終審査が2日、とかちプラザで行われ、帯広大谷高校Cチームの「ベジタブルマフィンinチーズ」が最優秀賞に選ばれた。同チーム考案のスイーツは9月1、2の両日にJR帯広駅前で開かれる食のイベント「とかちマルシェ」で限定販売される。

 コンテストは今年で4年目。「十勝らしさ」に重点を置いて募集し、17組が応募した。

 最終審査には1次審査を通過した8組が臨み、各自が持ち寄ったスイーツをPR。市内のパティシエら審査員5人が試食し、食材、外観、味、十勝らしさ、商品化のしやすさ-の5項目で評価した。

 同チームは料理研究部の長谷川莉乃さん(16)、林望愛さん(17)=以上2年=、木村優音さん(15)、福田彩南さん(15)、松橋加梨さん(15)、阿部ゆづきさん(15)=以上1年=の6人で臨んだ。

 マフィンは、十勝産の枝豆、チーズを生地に練り込み、ナガイモも混ぜることで生地をふっくらとさせる工夫をした。また、固形のチーズやベーコンも入れ、塩味を効かせた。6人は「何度でも食べたくなる、人を笑顔にする“インスタ映え”する一品」とPRする。

 とかちマルシェでは1日100個限定で販売(価格は未定)される。最終審査で発表した1年の松橋さんは「十勝が大好きになるスイーツなのでぜひ食べに来て」と話した。同部顧問の千葉祐希教諭は「最優秀賞を狙っていたので本当にうれしい」と話した。

 優秀賞には清水高校の「Ma ville natale『そば茶ムース』」、横山実乃李さん(広尾高校2年)の「十勝KURENAIムース」の2作品が選ばれた。

 今稔郁審査委員長(トテッポ工房シェフパティシエ)は「どのスイーツもお客さんに売れるくらいおいしい」と講評。最優秀賞のマフィンについては「枝豆で十勝らしさが存分に出ていて、老若男女に愛される作品」と評価した。

 最終審査の8作品のレシピは近く市ホームページで公開する。表彰式は9月1日、とかちマルシェの会場で行われる。

関連記事

本物の市電を操縦体験

豊橋鉄道が夏休みイベント  子どもたちに市内電車(市電)を親しんでもらおうと、豊橋鉄道(豊橋市)は16日、夏休み体験イベントを同市東田町の赤岩口車庫などで開いた。県内や静岡県から親子連れら31人が参...

荘内日報社

大雨 Uターンの足直撃

 庄内地方は16日、前日夜から降り続いた大雨の影響で、JR羽越本線は一部区間の運転を見合わせ、日本海沿岸東北自動車道あつみ温泉インターチェンジ(IC)―鶴岡西IC間が全面通行止め、国道7号堅苔沢地内が...

紀伊民報社

ウミガメ上陸10年で最少

 和歌山県みなべ町山内、千里の浜の今シーズンのアカウミガメの上陸、産卵状況がまとまった。上陸は161回、産卵は59回で過去10年で最も少なかった。  同浜は本州最大のアカウミガメの産卵地。浜の...

女子IH、若手の成長不可欠 北京五輪で悲願のメダルを

 4年後の2022年北京五輪を目指してスタートを切った女子アイスホッケー日本代表「スマイルジャパン」。14年ソチ五輪以来、再登板となる飯塚祐司新監督の下で悲願のメダル獲得を目指す。若手の育成など...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク