全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

帯大谷高C最優秀賞 とかちスイーツコンテスト

最優秀賞を受賞した帯広大谷高校Cチーム。前列左から木村さん、阿部さん、松橋さん。後列左から長谷川さん、林さん、福田さん

 十勝産の食材を使った今年度の「とかちスイーツコンテスト」(帯広市主催)の最終審査が2日、とかちプラザで行われ、帯広大谷高校Cチームの「ベジタブルマフィンinチーズ」が最優秀賞に選ばれた。同チーム考案のスイーツは9月1、2の両日にJR帯広駅前で開かれる食のイベント「とかちマルシェ」で限定販売される。

 コンテストは今年で4年目。「十勝らしさ」に重点を置いて募集し、17組が応募した。

 最終審査には1次審査を通過した8組が臨み、各自が持ち寄ったスイーツをPR。市内のパティシエら審査員5人が試食し、食材、外観、味、十勝らしさ、商品化のしやすさ-の5項目で評価した。

 同チームは料理研究部の長谷川莉乃さん(16)、林望愛さん(17)=以上2年=、木村優音さん(15)、福田彩南さん(15)、松橋加梨さん(15)、阿部ゆづきさん(15)=以上1年=の6人で臨んだ。

 マフィンは、十勝産の枝豆、チーズを生地に練り込み、ナガイモも混ぜることで生地をふっくらとさせる工夫をした。また、固形のチーズやベーコンも入れ、塩味を効かせた。6人は「何度でも食べたくなる、人を笑顔にする“インスタ映え”する一品」とPRする。

 とかちマルシェでは1日100個限定で販売(価格は未定)される。最終審査で発表した1年の松橋さんは「十勝が大好きになるスイーツなのでぜひ食べに来て」と話した。同部顧問の千葉祐希教諭は「最優秀賞を狙っていたので本当にうれしい」と話した。

 優秀賞には清水高校の「Ma ville natale『そば茶ムース』」、横山実乃李さん(広尾高校2年)の「十勝KURENAIムース」の2作品が選ばれた。

 今稔郁審査委員長(トテッポ工房シェフパティシエ)は「どのスイーツもお客さんに売れるくらいおいしい」と講評。最優秀賞のマフィンについては「枝豆で十勝らしさが存分に出ていて、老若男女に愛される作品」と評価した。

 最終審査の8作品のレシピは近く市ホームページで公開する。表彰式は9月1日、とかちマルシェの会場で行われる。

関連記事

紀伊民報社

50年間で1度上昇 紀伊水道の海水温 和歌山県水産試験場解析

 和歌山県水産試験場(和歌山県串本町)は、紀伊水道(瀬戸内海東部海域)の観測データを解析して、海水温が50年間で1度の上昇傾向にあることを明らかにした。また、透明度も上昇傾向にあることが分かった...

駅舎一面の切符見納め 帯広・幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が...

荘内日報社

天神祭始まる 「化けもの」5年ぶりに酒振る舞う

 学問の神様・菅原道真公を祭る鶴岡天満宮の祭礼・天神祭が24日、同天満宮での大絵馬奉納で始まった。コロナ禍で中止していた化けものによる祭り客への地酒やジュースの振る舞いが5年ぶりに復活。いつもながらの...

宇部日報社

トビタテ!宇部高専生 3年生5人が文科省の留学支援制度に採択【宇部】

 宇部高専(金寺登校長)の3年生5人が、文部科学省の留学生支援制度「トビタテ!留学JAPAN」新・日本代表プログラム高校生コースの第9期に選ばれた。今年度の応募総数1566人のうち採択者数は...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク