全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

雌誘う恋ダンス 干潟のハクセンシオマネキ

大きなはさみを振って雌にアピールするハクセンシオマネキの雄(左)=田辺市新庄町で

 和歌山県田辺市新庄町の内之浦干潟親水公園で、スナガニの仲間「ハクセンシオマネキ」が、繁殖期を迎えている。雄が特徴的な片方の大きなはさみを振って雌の気を引く”恋ダンス”を披露している。  ハクセンシオマネキは、干潟の干拓や海洋開発などの影響で生息地が減少しており、環境省のレッドリストで絶滅危惧2類に分類されている。  潮が引いた干潟のあちらこちらでは、雄がはさみを振り上げるウエイビングという行動が見られる。雌を発見すると、その動きはさらに激しく大きくなる。雌を巣穴に誘おうとするが、逃げられることも多い。1匹の雌に対して2匹の雄が競い合うこともある。  ハクセンシオマネキの甲は丸みのある横長の四角形をしている。甲幅2センチほど。雄のはさみは左右どちらかが大きく、名前は、そのはさみを振る姿が白い扇を振って踊るように見えることに由来する。繁殖期は5月中旬から9月ごろまで。

関連記事

長野日報社

色づく白樺湖一帯の木々 紅葉始まる

 茅野市郊外の白樺湖一帯で紅葉が始まった。市街地から延びる大門街道沿いの木々も、標高が上がるにつれてオレンジ、黄、赤が増え、観光客やドライバーの目を楽しませている。  白樺湖観光センター(両...

陛下ご即位記念植樹

 豊橋建国記念の日奉祝運営委員会(天野明彦・代表運営委員)は22日、天皇陛下の即位礼正殿の儀に合わせ、豊橋公園で記念植樹を行った。  1965年設立の同会は、これまでも5年ごとに陛下在位を記念...

荘内日報社

ビーガン料理世界大会 渡部さん(酒田市出身)準優勝

 ビーガン料理の世界大会「The Vegetarian Chance2019」が13日にイタリアで開催された。 世界各国から約200人の応募があり、1次選考で残った8人による決戦が行われ、酒田市出身の渡部駿さ...

紀伊民報社

淡く光る毒キノコ 「ツキヨタケ」

 シイタケに似た毒キノコ「ツキヨタケ」が、和歌山県田辺市龍神村の護摩壇山で淡い光を放っている。森林公園総合案内所によると、例年より発生が遅いという。  ツキヨタケは8~10月に生えやすい。大き...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク