全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

琉球カーニバル 歌と笑いで観客魅了

ステージで歌を披露する迎里さん=15日、東京・新大久保 R’sアートコート

 【東京】沖縄のウタと笑いの祭典「第7回琉球カーニバル」が15、16の2日間、都内のホールで3公演が行われ、県出身のアーティストやお笑い芸人らが歌と笑いで観客を魅了した。

 15日夕方のステージではテレビ、映画で活躍する那覇市出身のマジシャン、三志郎さんの鮮やかなマジックを手始めに、沖縄市と浦添市出身のお笑いコンビ、浦ナインボールは、サッカー日本代表の監督が沖縄出身だったらというコントを披露。記者会見で方言をまくし立てる監督の言葉と標準語の同時通訳のギャップが会場の爆笑を誘った。

 ラストステージは石垣市出身のミュージシャン、迎里計さん(42)が登場。人と人のつながりを歌ったアコースティック調のバラード「がんばれの向こう側」を含む計6曲を披露した。締めくくりには全ての出演者と共にBEGINの「うたのうた」を熱唱し、観客も手拍子や肩を揺らしながら、会場全体が一つとなりフィナーレを迎えた。

 観覧した石垣市白保出身の専門学校生、仲枡人夢さん(19)は「迎里さんは小、中の先輩。古里を思い出し、また頑張れる力をもらった」と笑顔で会場を後にした。

 第1回から出演している迎里さんは「いろんな沖縄のイベントに出ているが、ここほど温かい雰囲気はない。10回連続出演を目指し、東京で頑張るウチナーンチュを勇気づけたい」と意気込みを語った。

関連記事

武四郎 功績つぶさ 特別展が開幕 帯広美術館

 「北海道」の命名者として知られる幕末の探検家松浦武四郎(1818~88年)の特別巡回展「幕末維新を生きた旅の巨人 松浦武四郎」が15日、道立帯広美術館で開幕した。初日から大勢の来場者でにぎわい...

長野日報社

アイデアいっぱい実践へ 辰野町ど真ん中作戦会議

 日本の中心に位置する町のPR戦略を考えようと、辰野町と住民が協働で進める「日本のど真ん中作戦会議」は13日夜、第3回会議を町役場で開いた。幅広い世代の参加者約70人が、これまでに発案、仕分けし...

豊川稲荷でいなり寿司フェスタ

 豊川市と豊川市観光協会は8日、豊川稲荷境内で「第10回豊川いなり寿司フェスタ」と、豊川いなり寿司のイメージキャラクター「いなりん」の9歳の誕生日を祝う会を開いた。10月から開催中の愛知ディスティネー...

長野日報社

眠っていた天体望遠鏡を復活 八ケ岳総合博物館で15日に観望会

 茅野市八ケ岳総合博物館の収蔵庫に長年保管され、利用されていなかった天体望遠鏡が復活し、15日午後7時から観望会が同館で開かれる。諏訪地方のアマチュア天文家が所有していてもわずか―とみられる口径...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク