全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

宇部市内唯一の百貨店閉店へ

年内で閉店することが決まった宇部井筒屋

 山口井筒屋は31日、宇部店(通称宇部井筒屋)の12月31日での閉店を発表した。売り上げの減少に加え、設備の改修に多大な経費が見込まれることから、市内唯一の百貨店は、半世紀の歴史に幕を下ろす。中心市街地の商業の顔が消えることになり、各方面から惜しむ声が聞かれた。  宇部井筒屋は1969(昭和44)年、ちまきや百貨店から引き継ぎ、現在地に開店した。77年に建て替え工事を実施し、93年に増床と駐車場ビル建設工事を実施。2008年に、山口井筒屋宇部店に改めた。  売上高は1994年に、最高の72億円を記録した。しかし、少子高齢化による人口減少、大型店の出店による競争激化に伴い、右肩下がりが続き、ここ4年は毎年、前年比5%減という厳しい状況に追い込まれた。昨年は28億円と、ピーク時の4割以下にまで落ち込んだ。2年前に、経常利益が赤字に転落した。  現在の建物は、鉄筋コンクリート造りで、地上4階、地下1階建て。売り場面積は8053平方㍍。老朽化による改修工事が必要な時期に来ており、この2、3年で耐震補強、受電、空調、防災設備などの対応に4億円程度が掛かることが、経営判断に大きく影響した。建物は営業終了後、解体する予定。  従業員数は正社員16人、契約社員38人。外商は現状を確保し、来春には市内にサテライトショップをオープンするなどして、なるべく雇用を維持していく方針という。  市役所で記者会見した入江壮行社長は「49年間ご愛顧いただき、感謝している。営業を続けるため努力をしてきたが、赤字が継続する中で、今後の収益改善の見通しは立たない。山口本店に経営資源を集中することにし、宇部店は営業終了という苦渋の決断に至った」と語った。  久保田后子市長は「長年にわたり、中心市街地の中核となる商業施設として、地域経済の発展に多大な貢献をいただいており、突然の閉店の方針を残念に思う。市役所周辺地区の新たなまちづくりを進めており、新庁舎建設に伴う発展を期待していた。地域の消費者、経済のため、新たなサテライトショップの開設、外商の充実など引き続き、宇部店の存続をお願いするとともに、従業員の雇用継続も要請していきたい」と、コメントを発表した。  宇部商工会議所の安部研一会頭は「中心市街地の顔、地方都市の商業界の雄として営業されてきただけに残念だ。閉店の影響が最小限になるよう取り組んでいく」とした。  新天町名店街協同組合の熊谷満之理事長は「これから新庁舎が建設され、新しいまちづくりの歩みが始まっていこうとする中で、残念なニュースだ」、近くに住む常連客の50歳代の女性は「40年近く、お中元やお歳暮の購入でお世話になっていた。とても困るし、寂しさも感じる」と話した。

関連記事

荘内日報社

親子連れら掘削現場見学 日沿道「朝日温海道路」の大岩川トンネル

 日本海沿岸東北自動車道(日沿道)の「朝日温海道路」で、掘削工事が進む大岩川トンネル(仮称、延長1016㍍)の工事見学会が24日、鶴岡市大岩川地内の現地で行われた。庄内各地から親子連れらが参加し、日沿道...

紀伊民報社

マグロ大物386キロ

 日本有数の生マグロの水揚げ量で知られる和歌山県那智勝浦町の勝浦漁港に25日、重さ386キロ(全長262センチ)のクロマグロが水揚げされた。21日に水揚げされた308キロ(同236センチ)を超え...

「なつぞら」商品続々 限定ポテトチップス 士幌高生も協力

 NHK連続テレビ小説「なつぞら」の放送開始を控え、カルビー(東京)は作品の舞台となる十勝産が原料のポテトチップスじゃがバター味、焼きとうもろこし味を期間限定で全国発売する。士幌高校農業クラブの生...

宇部日報社

SLやまぐち号出発、春の観光シーズン幕開け

 SLやまぐち号の運行開始に合わせ23日、山口市小郡のJR新山口駅で記念イベントが開かれた。1979年8月に山口線に投入されて以来40周年を迎えた今年のSL運行を、県内外のファンらが祝った。山口...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク