全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

八ケ岳生とうもろこし 「諏訪の国」第1号商品

「八ケ岳生とうもろこし」を収穫・試食し第1号認定商品をPRする(左から)藤森さん、折井さん、関社長

 諏訪地方観光連盟(会長・金子ゆかり諏訪市長)は7月31日、観光地域ブランド「諏訪の国」第1号商品の認定式とオリジナルメニューの発表会を東京都内のレストランで開いた。諏訪エリア観光特使を務めている諏訪市出身で、お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の藤森慎吾さんが登場し、認定ブランドに選ばれた原村の農園「HAMARA FARM(ハラマファーム)」で栽培された「八ケ岳生とうもろこし」を収穫・試食。「ジューシーで甘みが強い。プチプチとした食感もいい」と地域商品をPRした。同商品を使ったオリジナルメニューも発表された。

 ブランド認定は観光プロモーション事業の一環。諏訪の国らしさや諏訪の国が目指すブランドアイデンティティーを体現するような物、事、場所などを基準に認定し、諏訪の魅力を多くの人に実感してもらおうと新たに始まった認定制度。

 「八ケ岳生とうもろこし」を栽培している生産者の折井祐介さん(35)=原村中新田=によると、昼夜の寒暖差を利用した栽培方法で糖度約20度の甘みを引き出し、生で食べられるのが特徴だという。「諏訪の国ならではの自然の神秘の力が詰まった商品」として諏訪の国ブランド第1号に認定された。

 認定式で藤森さんから認定証を受け取った折井さんは「とうもろこしを通じてさらに諏訪地方の良さを知ってもらえれば」と話した。藤森さんはこの日、原村から土ごと運ばれてきたとうもろこしの茎から実際に収穫し、甘さと食感の良さに驚きの表情を浮かべながら見た目、味ともに絶賛した。

 その後、認定式の会場にもなり、関俊一郎社長(51)=諏訪市出身=が経営するカリフォルニアンレストラン「ビストロバーンヤード銀座」(銀座)で提供される同商品を使った「生とうもろこしアイス」など5品のオリジナルメニューも発表された。

関連記事

長野日報社

駒ケ根のイチゴ「紅ほっぺ」 台湾へ初出荷

長野県駒ケ根市の農事組合法人北の原は、北の原地区で栽培したイチゴを台湾の台中市で販売する。駒ケ根市では初となるイチゴの輸出。14日には初荷の20ケースが空輸のために関西国際空港へ送られた。2日...

長野日報社

新成人が酒造りに挑戦 辰野の小野酒造店

長野県辰野町小野の小野酒造店で、新成人による酒造りプロジェクト「oresake(オレサケ)」が進められている。町内出身または在勤の男女5人が参加し、地元産の酒米を使った仕込みからラベル制作まで...

長野日報社

涅槃会前に「やしょうま」作り 諏訪市の地蔵寺

釈迦の命日とされる15日の涅槃会を前に、長野県諏訪市岡村の地蔵寺の婦人会(芦沢フサ会長)は12日、米粉で作る郷土菓子「やしょうま」を同寺で作った。涅槃会の供物として北信地方を中心に県内で親しま...

長野日報社

桑の葉パウダー発売 若葉を粉末にし利用容易に

長野県駒ケ根市の竜東農村公園振興協議会は、クワの若葉を乾燥、粉末にした「信州駒ケ根産まるごと桑の葉パウダー」を開発し、市内3カ所で販売を始めた。食用としてのクワの利用を促進する協議会初の商品化。血...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク