全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

一宮西部小「被災地応援団」もろ星☆結成

 豊川市立一宮西部小学校(柴田斉子校長)で31日、同校では3代目となる被災地応援団「もろ星☆」の結団式が行われた。災害や復興支援を学ぶ独自の児童組織で、6年生25人で結成。3年目の今年は西日本豪雨などもあり、例年より3カ月ほど早い発足となった。  「もろ星☆」は毎年、ダンス担当と応援演舞担当の児童で構成。新聞や書籍、インターネットで自然災害や被災地に関する情報を集め、復興支援を呼び掛けようと募金活動や校内放送を使った周知活動に取り組んでいる。  東日本大震災が起きた「3・11」に向けて活動するため、例年は10月ごろに結成してきたが、今年は7月に西日本豪雨、6月に大阪北部地震と災害が相次いだ点を考慮し、夏休みから活動をスタート。発案者の柴田校長は「小学生には何もできないかもしれないけど、今のうちにいろんなことを勉強しておけば、大人になったら自分の力で動けるようになる。災害とはどんなものか、自分には何ができるかを考えられる人になってほしい」と呼び掛けた。  夏休みは4回活動する予定で、初回のこの日は担当の杉原久美子教員(38)の指導で、児童らが宮城県気仙沼市の仮設住宅で暮らす高齢者に宛てた手紙を書いた。「暑いですが、体調を崩していませんか」「これからも笑顔で元気でいてください」といった文面は、被災地支援を続ける桜丘高校の生徒によって今月下旬に現地に届けられる。  2回目以降は国内の災害についての学習に取り組む他、8日には防災教材「いえまですごろく」に挑戦し、身近な防災についても知識を深める。

関連記事

長野日報社

アイデアいっぱい実践へ 辰野町ど真ん中作戦会議

 日本の中心に位置する町のPR戦略を考えようと、辰野町と住民が協働で進める「日本のど真ん中作戦会議」は13日夜、第3回会議を町役場で開いた。幅広い世代の参加者約70人が、これまでに発案、仕分けし...

荘内日報社

致道博物館 30年以上前の落とし物 大切に預かってます

 鶴岡市の致道博物館で30年以上もの間、来館者の落とし物として大切に保管されてきた「ドナルドダック」の縫いぐるみが、ツイッター上で話題になっている。職員の投稿から1週間後の13日午前現在で「いいね」は2...

紀伊民報社

顔認証システムの実証実験 白浜で1月から

 来春から南紀白浜空港(和歌山県白浜町)を運営する南紀白浜エアポートは13日、同空港や町内にあるホテルなどで、顔認証システムの実証実験を来年1月14日から始めると発表した。参加事業所では、利用者...

十勝鹿追そば21日再開 しかめん引き継ぎ

 4月に閉店したそば店「しかめん」(町西町3)が21日午前10時、「十勝鹿追そば」として営業を再開する。事業を引き継いだ町内の建設会社「健勝重建」の相澤政則社長は「再び町民や観光客に愛される店に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク