全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

一宮西部小「被災地応援団」もろ星☆結成

 豊川市立一宮西部小学校(柴田斉子校長)で31日、同校では3代目となる被災地応援団「もろ星☆」の結団式が行われた。災害や復興支援を学ぶ独自の児童組織で、6年生25人で結成。3年目の今年は西日本豪雨などもあり、例年より3カ月ほど早い発足となった。  「もろ星☆」は毎年、ダンス担当と応援演舞担当の児童で構成。新聞や書籍、インターネットで自然災害や被災地に関する情報を集め、復興支援を呼び掛けようと募金活動や校内放送を使った周知活動に取り組んでいる。  東日本大震災が起きた「3・11」に向けて活動するため、例年は10月ごろに結成してきたが、今年は7月に西日本豪雨、6月に大阪北部地震と災害が相次いだ点を考慮し、夏休みから活動をスタート。発案者の柴田校長は「小学生には何もできないかもしれないけど、今のうちにいろんなことを勉強しておけば、大人になったら自分の力で動けるようになる。災害とはどんなものか、自分には何ができるかを考えられる人になってほしい」と呼び掛けた。  夏休みは4回活動する予定で、初回のこの日は担当の杉原久美子教員(38)の指導で、児童らが宮城県気仙沼市の仮設住宅で暮らす高齢者に宛てた手紙を書いた。「暑いですが、体調を崩していませんか」「これからも笑顔で元気でいてください」といった文面は、被災地支援を続ける桜丘高校の生徒によって今月下旬に現地に届けられる。  2回目以降は国内の災害についての学習に取り組む他、8日には防災教材「いえまですごろく」に挑戦し、身近な防災についても知識を深める。

関連記事

本物の市電を操縦体験

豊橋鉄道が夏休みイベント  子どもたちに市内電車(市電)を親しんでもらおうと、豊橋鉄道(豊橋市)は16日、夏休み体験イベントを同市東田町の赤岩口車庫などで開いた。県内や静岡県から親子連れら31人が参...

荘内日報社

大雨 Uターンの足直撃

 庄内地方は16日、前日夜から降り続いた大雨の影響で、JR羽越本線は一部区間の運転を見合わせ、日本海沿岸東北自動車道あつみ温泉インターチェンジ(IC)―鶴岡西IC間が全面通行止め、国道7号堅苔沢地内が...

紀伊民報社

ウミガメ上陸10年で最少

 和歌山県みなべ町山内、千里の浜の今シーズンのアカウミガメの上陸、産卵状況がまとまった。上陸は161回、産卵は59回で過去10年で最も少なかった。  同浜は本州最大のアカウミガメの産卵地。浜の...

女子IH、若手の成長不可欠 北京五輪で悲願のメダルを

 4年後の2022年北京五輪を目指してスタートを切った女子アイスホッケー日本代表「スマイルジャパン」。14年ソチ五輪以来、再登板となる飯塚祐司新監督の下で悲願のメダル獲得を目指す。若手の育成など...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク