全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

第8回高校生バイオサミットin鶴岡 生命科学研究の成果を発表

 生命科学の研究に取り組む全国の高校生が集まる「第8回高校生バイオサミットin鶴岡」が30日、鶴岡市覚岸寺の鶴岡メタボロームキャンパスで始まった。8月1日(水)までの3日間、高校生たちが研究の成果や計画について発表する。

 日本の科学の次代を担う人材育成を狙いに県、市、慶應義塾大先端生命科学研究所が実行委員会を組織して2011年から毎年開催している。今年は全国の22都道府県から高校・高専72校、生徒・学生189人が参加し、成果発表部門に65点、計画発表部門に34点、合わせて過去最多の99作品が集まった。

 初日の30日は成果発表部門の研究発表予選が行われ、冨田勝同研究所長を審査委員長に17人が発表を審査。発表と質疑合わせて8分の持ち時間の中で、高校生たちは研究の背景や方法、結果や考察を発表。質問にもしっかりとした口調で答えていた。

 「タイタニック号を分解する真正細菌特有の遺伝子を見つける」をテーマに発表した鶴岡南高3年の五十嵐水月(18)さんは「昨年計画部門で発表したことを研究し、成果発表する場に立てたことをうれしく思う。発表では深く調べていなかった点について厳しい質問もあった。次につなげるためさらに考えを深めたい」と話していた。

 31日は同部門決勝と計画発表が行われ、最終日には表彰式が行われる。

生命科学の研究に取り組む全国の高校生が集まり、成果を発表した

関連記事

長野日報社

アイデアいっぱい実践へ 辰野町ど真ん中作戦会議

 日本の中心に位置する町のPR戦略を考えようと、辰野町と住民が協働で進める「日本のど真ん中作戦会議」は13日夜、第3回会議を町役場で開いた。幅広い世代の参加者約70人が、これまでに発案、仕分けし...

荘内日報社

致道博物館 30年以上前の落とし物 大切に預かってます

 鶴岡市の致道博物館で30年以上もの間、来館者の落とし物として大切に保管されてきた「ドナルドダック」の縫いぐるみが、ツイッター上で話題になっている。職員の投稿から1週間後の13日午前現在で「いいね」は2...

紀伊民報社

顔認証システムの実証実験 白浜で1月から

 来春から南紀白浜空港(和歌山県白浜町)を運営する南紀白浜エアポートは13日、同空港や町内にあるホテルなどで、顔認証システムの実証実験を来年1月14日から始めると発表した。参加事業所では、利用者...

十勝鹿追そば21日再開 しかめん引き継ぎ

 4月に閉店したそば店「しかめん」(町西町3)が21日午前10時、「十勝鹿追そば」として営業を再開する。事業を引き継いだ町内の建設会社「健勝重建」の相澤政則社長は「再び町民や観光客に愛される店に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク