全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

採蜜が最盛期 「風味良い」と人気

蜜を採るためゴーラから蜂の巣を取り出す養蜂家(古座川町で)

 和歌山県紀南地方の山間部で、ニホンミツバチの巣箱「ゴーラ」から蜜を採る「蜜切り」の作業が最盛期を迎えている。各地で特産の蜂蜜として売られ、「風味が良い」と人気。盆すぎまで続く。

 ゴーラは杉の丸太をくりぬいて作った巣箱。木の洞に営巣するニホンミツバチの習性を利用した養蜂で、紀南の山間部のあちらこちらでされている。  新緑の季節に巣分かれしたハチの群れをすまわせ、そのハチが作った蜜を夏場に採取する。ハチが越冬できるよう、巣を半分だけ残して切り、切り取った巣から滴り落ちる蜜をざるでこし、数日置くと浮いてくる不純物を取り除いて瓶詰めする。  ニホンミツバチの蜜は森の木から集めるため「風味が良い」といわれる。西洋ミツバチの蜜と比べると粘りけがあり、そのためか「味が濃い」という人もいる。  紀南地方では各地の道の駅や農作物直売所で販売されている。県外の蜂蜜専門店に出荷する養蜂家もいる。  古座川町高池の橋本尚視さん(66)は30年以上、ニホンミツバチの養蜂を続け、60歳の退職後から本格的に取り組んでいる。今年は梅雨明けして約1週間たった7月中旬から蜜切りを始めた。「暑い日が続いているので、より濃厚な蜂蜜に仕上がっている」と話す。  橋本さんによると、蜂蜜は栄養食品で、今も昔も農業や山仕事をする人たちが夏バテ防止にと毎日食べているという。  古座川町では、ニホンミツバチの養蜂が盛んで、町へのふるさと納税の返礼品にもなっている。かつて同町松根の大河地区で採れる蜂蜜は品質が良いことで知られ、徳川将軍家にも献上されたといわれる。

関連記事

長野日報社

アイデアいっぱい実践へ 辰野町ど真ん中作戦会議

 日本の中心に位置する町のPR戦略を考えようと、辰野町と住民が協働で進める「日本のど真ん中作戦会議」は13日夜、第3回会議を町役場で開いた。幅広い世代の参加者約70人が、これまでに発案、仕分けし...

荘内日報社

致道博物館 30年以上前の落とし物 大切に預かってます

 鶴岡市の致道博物館で30年以上もの間、来館者の落とし物として大切に保管されてきた「ドナルドダック」の縫いぐるみが、ツイッター上で話題になっている。職員の投稿から1週間後の13日午前現在で「いいね」は2...

紀伊民報社

顔認証システムの実証実験 白浜で1月から

 来春から南紀白浜空港(和歌山県白浜町)を運営する南紀白浜エアポートは13日、同空港や町内にあるホテルなどで、顔認証システムの実証実験を来年1月14日から始めると発表した。参加事業所では、利用者...

十勝鹿追そば21日再開 しかめん引き継ぎ

 4月に閉店したそば店「しかめん」(町西町3)が21日午前10時、「十勝鹿追そば」として営業を再開する。事業を引き継いだ町内の建設会社「健勝重建」の相澤政則社長は「再び町民や観光客に愛される店に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク