全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

占領軍の病院で働く、元看護師2人がニュージーランドから訪問

石碑の横に立つイアブリさん(右から2人目)とホリスさん(山口宇部医療センターで)

 戦後間もない頃、ニュージーランド占領軍が自国兵士のために設けた総合病院だった山口県宇部市の山口宇部医療センター。当時、その病院の看護師だったジューン・イアブリさん(93)とノーマ・ホリスさん(同)が30日、同センターを訪れ、占領軍の病院があったことを示す石碑の前で昔を懐かしんだ。同軍は、結核療養所だった山陽荘を接収。1946~48年に「第6ニュージーランド総合病院」とし、県内で任務に当たる兵士たちの拠点病院とした。医官や看護師、施設管理要員として、47年には186人が配属されていたという記録が残っている。

 イアブリさんとホリスさんは同病院で働いていた時、ともに職場仲間と恋に落ち、帰国してから結婚。それぞれ3人の子どもに恵まれた。イアブリさんは、当時の同僚たちによる宇部ツアーが催されるたびに夫婦で参加してきたが、数年前に夫が他界し、宇部に来るのは十数年ぶり。ホリスさんは、同病院での勤務の解除以来、初めて訪れる。東岐波郷土誌研究会のメンバーや、同軍の病院に関する研究をしている中川進さん(70)=山口市阿知須=らが山口宇部空港で2人を出迎え、同医療センターへ案内。石碑の前で記念撮影をして、岐波の海を眺めながら思い出に浸った。

 2人は「この海で兵士たちが泳いで体を鍛えていたのを覚えているし、夫とも一緒に泳いだり、夜の海岸をデートしたりした。岐波の海の美しさが、人生で一番輝かしい時を思い出させてくれる。ここに戻ってきて良かった」と語った。同研究会の林嘉一参事(79)は「93歳の2人が来てみようと思ってくださる岐波の歴史や自然を守っていかなければという思いを強くした」、中川さんは「ニュージーランド占領軍の病院があったという歴史を市民に知ってほしい」と話していた。

関連記事

地元産で「甘夏」シャーベット

 田原市内で盛んに生産されている「甘夏」を使ったシャーベットを、同市蔵王山展望台の蔵王パノラマカフェが25日から売り出す。価格300円税込みで、限定約1000食、9月中旬頃までの販売を見込む。  ...

紀伊民報社

紅紫色の梅新品種 「ミスなでしこ」海外へ

 果皮が紅紫色の梅の新品種「ミスなでしこ」が今季、香港で販売される。初の海外進出で、農家らは国内外での消費拡大につながると期待を寄せる。  ミスなでしこは紅紫色の小梅と主力品種「南高」の交雑種で...

荘内日報社

日沿道酒田みなと―遊佐比子間 5.5㌔20年度まで開通

 国土交通省酒田河川国道事務所は23日、建設中の日本海沿岸東北自動車道(日沿道)酒田みなと―遊佐間12㌔のうち、酒田みなとインターチェンジ(IC)―遊佐比子IC(仮称)間5・5㌔について、2020年度までに開...

宇部日報社

山口市名田島で麦の収穫始まる

 麦の穂が黄金色に輝く「麦秋」を迎え、県内有数の産地として知られる山口市南部地域で収穫作業が始まっている。    名田島地域では22日、畑を走るコンバインがエンジン音を響かせ、青空に向かって真っ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク