全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

水耕メロン道内初成功 バイオガス余剰熱で 新得

 道内有数規模のメガファーム「友夢牧場」(町上佐幌基線108、植田昌仁社長)のハウス内で、頭上の棚からメロンが鈴なりに垂れる珍しい光景が広がっている。1株に数十個もなる上に、甘みも強いという画期的な水耕栽培。家畜ふん尿によるバイオガス発電の余剰熱を活用し、道内で初めて試験栽培に成功した。新たな地域ブランドとして期待が高まっている。

頭上から鈴なりに垂れるメロンと湯浅会長

 メロンは栽培槽に立った支柱に向かってつるを上に伸ばし、計16株が1株当たり20~30個の実を付けている。赤と青玉2品種で5月1日に種をまいた。540平方メートルのハウスの中に余剰熱を使った温水パイプを走らせ、室温を15~30度に保っている。「はら農場」(町上佐幌西2線)の原大知代表が栽培に協力している。

 30日収穫した青玉メロンは、高級メロンの目安という糖度15度を超える18.5度。8月20日ごろまでに収穫が終わる予定。同牧場の湯浅佳春会長は「年3回の栽培で通年出荷を目指す」と手応えを感じている。

 つるを地面にはわせる通常のメロン栽培では、品質を確保するために間引きが必要で、1株から数個しか収穫できなかった。この栽培方法では、液体肥料を吹き上げるようにしながら栄養分を行き渡らせる。メロンは根が腐りやすく水耕栽培に不向きと言われる中、東京の中小メーカーなどが開発。余剰熱活用法として湯浅会長が導入した。総事業費は約3000万円。

 今回収穫したメロンは、8月4日にJR新得駅前で開かれる「土曜市」で、町民向け無料試食会も行う。湯浅会長は「『友夢メロン』として商品化し、町のふるさと納税返礼品をはじめ、全国の大手百貨店などに出荷したい」と展望を描いている。

<友夢牧場>
 ゆうむぼくじょう。2000年に新得町内の農家4戸が出資して法人化、01年に開業した。経産牛約900頭、育成牛約600頭を飼育。敷地内に2基の家畜ふん尿用バイオガスプラントが稼働中で、1日に1000頭分のふん尿(約100トン)を処理でき、毎時300キロワットを発電している。年内に3基目が完成する。

関連記事

長野日報社

真っ赤な大粒イチゴ みはらしいちご園で出荷開始

 長野県伊那市西箕輪のみはらしいちご園でイチゴの収穫・出荷が始まった。羽広いちご生産組合(井踏岩夫組合長)の生産者が、ハウス内で育てた真っ赤な大粒をパックに詰めて地域の農産物直売所に出荷している...

豊川稲荷でいなり寿司フェスタ

 豊川市と豊川市観光協会は8日、豊川稲荷境内で「第10回豊川いなり寿司フェスタ」と、豊川いなり寿司のイメージキャラクター「いなりん」の9歳の誕生日を祝う会を開いた。10月から開催中の愛知ディスティネー...

十勝産のコラボ弁当 帯広南商と福原 販売

 スーパーを展開する福原(帯広、福原郁治社長)が帯広南商業高校クッキング部(村井彩花部長、28人)と共同開発した「十勝をまるっともぐもぐ弁当」。9日まで数量限定で販売するフクハラの市内8店舗の...

そば簾お目見え 新得町で年越し用ピーク

 そばどころの新得町で、年越し・歳暮用のそば作りがたけなわだ。道内大手の新得物産(町基線104、清水輝男社長)では、製麺工場の乾燥室に見事な「そば簾(すだれ)」がお目見えし、年の瀬の風情を漂わせ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク