全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

若狭・松山旗頭実行委のメンバーら参加 大川字会オンプールに

大川字会のオンプールに参加した若狭松山旗頭実行委や垣花旗頭同好会のメンバーたち=30日夕、大石垣御嶽

 大川字会(砂川長紀会長)のオンプールに、若狭・松山旗頭実行委員会(上原康弘実行委員長)のメンバーら本島の旗頭持ち14人と家族が参加し、違いや文化の継承について考えた。

 石垣市出身で現在は那覇市に住み、垣花旗頭同好会の会長を務める崎山誠さん(43)が以前、仕事で石垣に滞在していた際に大川旗頭・棒獅子保存会の山根稔副会長と知り合い、本島と石垣の垣根を超えて交流するようになったという。

 若狭・松山旗頭実行委からは今回6人が初参加。この日は大川の旗頭「ズルカキ(さがりばな)」を持ったという上原実行委員長(45)は「持ち方や棹の長さが那覇とは違う。石垣の方が長く、那覇の方が重い」と感想。後継者不足が課題といい、「那覇では旗頭を持たされているという感覚があり、旗頭の持つ意味を教えられる人も少なくなってきている。大川のオンプールを見て、地域全体で行事に取り組んでいるのを感じた。子どもたちが楽しめる雰囲気づくりを大切にしていきたい」と抱負。

 崎山さんも「那覇とは違って地域の人の祭りに対する熱意がすごい。(垣花旗頭同好会でも)後継者不足が課題。見習いたい」と決意を新たにしていた。

関連記事

田原で夏の風物詩「龍宮祭り」

 田原市白谷地区に伝わる盆の伝統行事「龍宮祭り」が15日、白谷海水浴場で行われ、時折、小雨が降る中、漁業関係者や地元住民らが豊漁と海の安全を祈願した。  祭りは漁業が盛んな同地区で江戸時代から続...

北羽新報社

「大人の自覚」を胸に

 能代市と八峰町で14日、成人式が行われた。スーツやドレス、羽織はかまなどで着飾った新成人たちが続々と会場に足を運び、久しぶりに再会する友人たちと共に大人になった自覚を新たにしていた。2市町合わせた...

荘内日報社

世界かんがい施設遺産 庄内町 北楯大堰を登録

 農林水産省は14日、庄内町の北楯大堰が本県の施設では初めて「世界かんがい施設遺産」に登録されたと発表した。世界かんがい施設遺産は、建設から100年以上経過し、かんがい農業の発展に貢献したものや、卓越し...

紀伊民報社

熊楠ゆかりの植物栽培

 和歌山県白浜町の南方熊楠記念館は、熊楠ゆかりの植物「イセハナビ」(キツネノマゴ科)と「ハカマカズラ」(マメ科)の栽培に取り組んでいる。学術スタッフの土永知子さん(58)は「植物を身近に感じて、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク