全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

若狭・松山旗頭実行委のメンバーら参加 大川字会オンプールに

大川字会のオンプールに参加した若狭松山旗頭実行委や垣花旗頭同好会のメンバーたち=30日夕、大石垣御嶽

 大川字会(砂川長紀会長)のオンプールに、若狭・松山旗頭実行委員会(上原康弘実行委員長)のメンバーら本島の旗頭持ち14人と家族が参加し、違いや文化の継承について考えた。

 石垣市出身で現在は那覇市に住み、垣花旗頭同好会の会長を務める崎山誠さん(43)が以前、仕事で石垣に滞在していた際に大川旗頭・棒獅子保存会の山根稔副会長と知り合い、本島と石垣の垣根を超えて交流するようになったという。

 若狭・松山旗頭実行委からは今回6人が初参加。この日は大川の旗頭「ズルカキ(さがりばな)」を持ったという上原実行委員長(45)は「持ち方や棹の長さが那覇とは違う。石垣の方が長く、那覇の方が重い」と感想。後継者不足が課題といい、「那覇では旗頭を持たされているという感覚があり、旗頭の持つ意味を教えられる人も少なくなってきている。大川のオンプールを見て、地域全体で行事に取り組んでいるのを感じた。子どもたちが楽しめる雰囲気づくりを大切にしていきたい」と抱負。

 崎山さんも「那覇とは違って地域の人の祭りに対する熱意がすごい。(垣花旗頭同好会でも)後継者不足が課題。見習いたい」と決意を新たにしていた。

関連記事

長野日報社

アイデアいっぱい実践へ 辰野町ど真ん中作戦会議

 日本の中心に位置する町のPR戦略を考えようと、辰野町と住民が協働で進める「日本のど真ん中作戦会議」は13日夜、第3回会議を町役場で開いた。幅広い世代の参加者約70人が、これまでに発案、仕分けし...

荘内日報社

致道博物館 30年以上前の落とし物 大切に預かってます

 鶴岡市の致道博物館で30年以上もの間、来館者の落とし物として大切に保管されてきた「ドナルドダック」の縫いぐるみが、ツイッター上で話題になっている。職員の投稿から1週間後の13日午前現在で「いいね」は2...

紀伊民報社

顔認証システムの実証実験 白浜で1月から

 来春から南紀白浜空港(和歌山県白浜町)を運営する南紀白浜エアポートは13日、同空港や町内にあるホテルなどで、顔認証システムの実証実験を来年1月14日から始めると発表した。参加事業所では、利用者...

十勝鹿追そば21日再開 しかめん引き継ぎ

 4月に閉店したそば店「しかめん」(町西町3)が21日午前10時、「十勝鹿追そば」として営業を再開する。事業を引き継いだ町内の建設会社「健勝重建」の相澤政則社長は「再び町民や観光客に愛される店に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク