全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

諏訪湖ワカサギ生育順調

水揚げされたワカサギ

 諏訪湖産のワカサギの需要が高まる諏訪大社下社の遷座祭「お舟祭り」を前に、諏訪湖漁業協同組合は30日、投網による試し取りを午前4~6時の2時間に限り解禁した。15人が網を打ち、52・5キロを水揚げした。

 気温が高いことから、魚の鮮度を保つために漁が可能な時間を例年よりも1時間短縮した。武居薫組合長によると、体長は5センチ程度でこの時期としては順調。漁師によると、網から抜ける小ぶりも多く、武居組合長は「魚の尾数自体は十分だろう」との見通しを示した。

 諏訪湖では連日の暑さで水温が高まっているといい、漁師の一人は「ワカサギにとってはすみにくい状況」と話す。台風12号の雨風の影響で水温が下がり、生育環境には改善傾向がみられるが、今後の気候の動向では、再び生息しにくい環境に戻りかねないという。同組合長は「綱渡りの状態。順調に育っているので、今後は異常な暑さが収まり、適度な雨が降ることを期待したい」と話した。

 ワカサギの投網漁は例年9月初旬ごろに解禁される。盆前にも再度試し取りを行い、状況を踏まえながら解禁日を判断する方針。

 水揚げされたワカサギは地元の川魚店に出荷された。空揚げや甘露煮にして見物客らに提供される。

関連記事

長野日報社

「伊那華のみそ娘」仕込み 伊那市東春近の女性組合

 長野県伊那市東春近の農家女性でつくる「伊那華のみそ娘加工組合」のみその仕込みが15日から、JA上伊那みそ加工施設で始まった。地元産の原材料と昔ながらの製法にこだわった安心・安全のみそは好評で...

東栄町・普光寺の「銅鉦鼓」が県有形文化財に

 県は、県文化財保護審議会(丸山宏会長)の答申に基づき、東栄町振草古戸中原、普光寺の工芸品「銅鉦鼓(どうしょうこ)」など3点を新たに県有形文化財に指定、史跡1件の面積を追加指定することにし、15日...

紀伊民報社

熊野古道 外国人対応エリア拡大

 和歌山県の田辺市熊野ツーリズムビューローは、熊野古道中辺路で急増中の外国人観光客に、より長く古道歩きを楽しんでもらおうと、小辺路や大辺路、伊勢路でも受け入れ態勢強化に乗り出した。観光客の増加や...

荘内日報社

地域おこし協力隊員らが「複業」事例発表

 生業や地域づくりを考えるイベント「仕事が無いなら自分で作る?~若者がナリワイを作って活気のある地域に」が14日、三川町文化交流館「アトク先生の館」で開かれ、同町で活動している地域おこし協力隊の伊藤秀...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク