全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

諏訪湖ワカサギ生育順調

水揚げされたワカサギ

 諏訪湖産のワカサギの需要が高まる諏訪大社下社の遷座祭「お舟祭り」を前に、諏訪湖漁業協同組合は30日、投網による試し取りを午前4~6時の2時間に限り解禁した。15人が網を打ち、52・5キロを水揚げした。

 気温が高いことから、魚の鮮度を保つために漁が可能な時間を例年よりも1時間短縮した。武居薫組合長によると、体長は5センチ程度でこの時期としては順調。漁師によると、網から抜ける小ぶりも多く、武居組合長は「魚の尾数自体は十分だろう」との見通しを示した。

 諏訪湖では連日の暑さで水温が高まっているといい、漁師の一人は「ワカサギにとってはすみにくい状況」と話す。台風12号の雨風の影響で水温が下がり、生育環境には改善傾向がみられるが、今後の気候の動向では、再び生息しにくい環境に戻りかねないという。同組合長は「綱渡りの状態。順調に育っているので、今後は異常な暑さが収まり、適度な雨が降ることを期待したい」と話した。

 ワカサギの投網漁は例年9月初旬ごろに解禁される。盆前にも再度試し取りを行い、状況を踏まえながら解禁日を判断する方針。

 水揚げされたワカサギは地元の川魚店に出荷された。空揚げや甘露煮にして見物客らに提供される。

関連記事

地元産で「甘夏」シャーベット

 田原市内で盛んに生産されている「甘夏」を使ったシャーベットを、同市蔵王山展望台の蔵王パノラマカフェが25日から売り出す。価格300円税込みで、限定約1000食、9月中旬頃までの販売を見込む。  ...

紀伊民報社

紅紫色の梅新品種 「ミスなでしこ」海外へ

 果皮が紅紫色の梅の新品種「ミスなでしこ」が今季、香港で販売される。初の海外進出で、農家らは国内外での消費拡大につながると期待を寄せる。  ミスなでしこは紅紫色の小梅と主力品種「南高」の交雑種で...

荘内日報社

日沿道酒田みなと―遊佐比子間 5.5㌔20年度まで開通

 国土交通省酒田河川国道事務所は23日、建設中の日本海沿岸東北自動車道(日沿道)酒田みなと―遊佐間12㌔のうち、酒田みなとインターチェンジ(IC)―遊佐比子IC(仮称)間5・5㌔について、2020年度までに開...

宇部日報社

山口市名田島で麦の収穫始まる

 麦の穂が黄金色に輝く「麦秋」を迎え、県内有数の産地として知られる山口市南部地域で収穫作業が始まっている。    名田島地域では22日、畑を走るコンバインがエンジン音を響かせ、青空に向かって真っ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク