全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

中国南通市から学校など視察

訪問団が豊橋市役所表敬

 中国江蘇省南通市の訪問団が学校などを視察するため友好都市の豊橋市を訪れ、30日、市役所に金田英樹副市長らを表敬訪問したほか、豊橋地区日中友好協会の歓迎を受けた。  両市は1987(昭和62)年に友好都市提携。文化、教育、農業、スポーツなどの幅広い分野で交流を続けている。昨年30周年を迎えた。  訪問団は南通市関係者、南通衛生高等職業技術学校、南通大学付属中学の副校長ら6人。  市役所では、金田副市長が昨年の節目に友好の歩みを再確認したことを踏まえ「友好の絆が一層深まることを祈念する」とあいさつ。藤原孝夫議長も「多くの豊橋市民と交流を深めていただきたい」と期待した。  団長の劉浩南通市人民政府高級顧問は「初めての豊橋訪問。皆さんの温かさに感動しました。両市の関係が一層深められることを期待します」と述べ、金田副市長、藤原議長と豊橋産組子の小物入れ、パンダを刺繍した壁掛けなど記念品を交換した。  一行はこの日、日本の高等教育、衛生教育を視察するため県立豊橋東高校や市立豊橋看護学校を見学。市の広報、プロモーションの仕方についても、豊橋市職員らと意見交換した。  31日は、市内の外国車工場を見学し、豊橋をたつ。

豊橋地区日中友好協会が歓迎会

 また、訪問団を豊橋地区日中友好協会が昼食で歓迎。市内のしゃぶしゃぶ海鮮源氏総本店で鈴木道夫会長らが出迎えた。鈴木会長は「日中平和友好条約40周年の記念すべき年にようこそ。限られた時間ですが、さらに強い絆が結ばれることを願います」と述べた。  劉団長は、両市の長年の交流に貢献する同協会に感謝し「国と国の交流はまず国民の交流。交流のさらなる発展につなげたい」と話した。

関連記事

長野日報社

アイデアいっぱい実践へ 辰野町ど真ん中作戦会議

 日本の中心に位置する町のPR戦略を考えようと、辰野町と住民が協働で進める「日本のど真ん中作戦会議」は13日夜、第3回会議を町役場で開いた。幅広い世代の参加者約70人が、これまでに発案、仕分けし...

荘内日報社

致道博物館 30年以上前の落とし物 大切に預かってます

 鶴岡市の致道博物館で30年以上もの間、来館者の落とし物として大切に保管されてきた「ドナルドダック」の縫いぐるみが、ツイッター上で話題になっている。職員の投稿から1週間後の13日午前現在で「いいね」は2...

紀伊民報社

顔認証システムの実証実験 白浜で1月から

 来春から南紀白浜空港(和歌山県白浜町)を運営する南紀白浜エアポートは13日、同空港や町内にあるホテルなどで、顔認証システムの実証実験を来年1月14日から始めると発表した。参加事業所では、利用者...

十勝鹿追そば21日再開 しかめん引き継ぎ

 4月に閉店したそば店「しかめん」(町西町3)が21日午前10時、「十勝鹿追そば」として営業を再開する。事業を引き継いだ町内の建設会社「健勝重建」の相澤政則社長は「再び町民や観光客に愛される店に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク