全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

旧保育所が交流施設に カフェもオープン

交流施設にオープンしたカフェ

 すさみ町周参見の旧周参見保育所を改装した町多世代交流施設が30日、オープンした。カフェや紀州材を使ったウッドデッキなどがあり、町は「幅広い年代に利用してもらいたい」と期待している。

 旧保育所は1976年にできた。巨大地震の想定で津波の浸水が想定されるため、紀勢自動車道すさみインターチェンジ近くの造成地に新築移転したが、建物は2009年度に耐震化しており、町が利用方法を考えていた。  敷地面積は2644平方メートル。施設は鉄骨平屋(床面積839平方メートル)。ウッドデッキは約430平方メートル、芝生が380平方メートル。卒園生が千人以上いることもあり、廊下の一部や靴箱など、そのままにしている部分もある。  町によると、総事業費は約2億180万円。国の交付金6千万円や「企業版ふるさと納税」500万円などを充てている。  施設に入居するカフェはタイの人気店「カフェ・アメイゾン」。大阪市の企業がフランチャイズ契約しており、国内では福島県川内村に次いで2店舗目になるという。

 このほか、調乳できる場所や幼児用トイレを併設したキッズルーム、カラオケや研修で使える貸部屋(有料)なども設けている。  30日は記念式典があった。周参見保育所の園児が元気よく歌を歌ったほか、地元の「太間地堀切獅子保存会」が獅子舞を披露。岩田勉町長は「子どもからお年寄りまで、さまざまな用途で利用してもらえる施設にしたい」と話した。  施設の開館時間は午前9時~午後9時。毎週火曜の午後5時以降と年末年始(12月29日~1月3日)は休館。

関連記事

長野日報社

アイデアいっぱい実践へ 辰野町ど真ん中作戦会議

 日本の中心に位置する町のPR戦略を考えようと、辰野町と住民が協働で進める「日本のど真ん中作戦会議」は13日夜、第3回会議を町役場で開いた。幅広い世代の参加者約70人が、これまでに発案、仕分けし...

荘内日報社

致道博物館 30年以上前の落とし物 大切に預かってます

 鶴岡市の致道博物館で30年以上もの間、来館者の落とし物として大切に保管されてきた「ドナルドダック」の縫いぐるみが、ツイッター上で話題になっている。職員の投稿から1週間後の13日午前現在で「いいね」は2...

紀伊民報社

顔認証システムの実証実験 白浜で1月から

 来春から南紀白浜空港(和歌山県白浜町)を運営する南紀白浜エアポートは13日、同空港や町内にあるホテルなどで、顔認証システムの実証実験を来年1月14日から始めると発表した。参加事業所では、利用者...

十勝鹿追そば21日再開 しかめん引き継ぎ

 4月に閉店したそば店「しかめん」(町西町3)が21日午前10時、「十勝鹿追そば」として営業を再開する。事業を引き継いだ町内の建設会社「健勝重建」の相澤政則社長は「再び町民や観光客に愛される店に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク