全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

スカイマークが奄美便

新規路線の開設を発表したスカイマークの市江社長(右)と三反園知事=25日、鹿児島市の県庁

 スカイマーク(本社東京都、市江正彦社長)は25日、中部国際空港(愛知県常滑市)―鹿児島、鹿児島―奄美大島の2路線を開設すると発表した。8月1日からそれぞれ1日2往復4便を毎日運航する。同社の鹿児島―奄美大島線の就航は2011年以来約7年ぶり。観光誘客や利便性の向上が期待されている。

 スカイマークの鹿児島を発着する定期線は羽田、神戸の2路線。鹿児島―奄美大島線は季節定期便として10年9~10月と11年3~10月に運航していた。

 現在、鹿児島―奄美大島線は日本エアコミューター(JAC)などが1日7往復14便、中部―鹿児島線は全日本空輸(ANA)や格安航空会社(LCC)のジェットスター・ジャパンが1日5往復10便を運航している。

 今回の路線開設は世界自然遺産登録が見込まれる奄美への観光客や、中部圏から鹿児島へのビジネス客の利用が見込めると判断した。

 機材は177人乗りのボーイング737―800型機を使用し、運賃は今後決定する。中部―奄美大島間を1日で乗り継ぎできるようダイヤを設定。市江社長は「多くの人に利用してもらえるような運賃を考える」と話した。

 市江社長と25日、懇談した三反園訓知事は「中部圏から奄美へのルートが開設され、新たな観光需要の掘り起しが期待できる。安定的な運航をお願いしたい」と語った。

 中部国際空港 愛知県常滑市沖の埋め立て島に2005年2月開港。日本の国際拠点空港の一つで愛称セントレア。国内外約50社が就航し、17年度利用旅客数1154万人。

関連記事

紀伊民報社

「川の参詣道」に新たな舟

 「川の参詣道」として世界遺産に登録されている熊野川を下る川舟が新たに製作され、24日に進水式があった。これまで使ってきた舟が老朽化する中、川舟を運航する新宮市の一般財団法人「熊野川町ふれあい公...

荘内日報社

五穀豊穣願い手植え 献饌田で「御田植祭」

 鶴岡市の出羽三山神社に奉納する米の「御田植祭」が24日、同市羽黒町玉川にある大鳥居そばの献饌田(けんせんでん)で行われた。同神社の巫女(みこ)や山伏が五穀豊穣(ほうじょう)を願い、田植えを行った。 ...

宇部日報社

初めてのまちなかフラワーフェスタ&緑化祭始まる

 第1回まちなかフラワーフェスタ&緑化祭が25日、宇部新天町名店街で始まり、花と緑で飾られたアーケード内は多くの人でにぎわっている。宇部新天町名店街協同組合(熊谷満之理事長)主催。市、宇部小野田...

ナタネと小麦 くっきり 帯広市拓成町 伊澤農場

 十勝管内のナタネ畑で花がほぼ満開となっている。黄色い花と、青々と伸びる小麦のコントラストが美しい景色をつくりだしている。  帯広市拓成町の「earth canvas 伊澤農場」(伊澤学代表...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク