全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

スカイマークが奄美便

新規路線の開設を発表したスカイマークの市江社長(右)と三反園知事=25日、鹿児島市の県庁

 スカイマーク(本社東京都、市江正彦社長)は25日、中部国際空港(愛知県常滑市)―鹿児島、鹿児島―奄美大島の2路線を開設すると発表した。8月1日からそれぞれ1日2往復4便を毎日運航する。同社の鹿児島―奄美大島線の就航は2011年以来約7年ぶり。観光誘客や利便性の向上が期待されている。

 スカイマークの鹿児島を発着する定期線は羽田、神戸の2路線。鹿児島―奄美大島線は季節定期便として10年9~10月と11年3~10月に運航していた。

 現在、鹿児島―奄美大島線は日本エアコミューター(JAC)などが1日7往復14便、中部―鹿児島線は全日本空輸(ANA)や格安航空会社(LCC)のジェットスター・ジャパンが1日5往復10便を運航している。

 今回の路線開設は世界自然遺産登録が見込まれる奄美への観光客や、中部圏から鹿児島へのビジネス客の利用が見込めると判断した。

 機材は177人乗りのボーイング737―800型機を使用し、運賃は今後決定する。中部―奄美大島間を1日で乗り継ぎできるようダイヤを設定。市江社長は「多くの人に利用してもらえるような運賃を考える」と話した。

 市江社長と25日、懇談した三反園訓知事は「中部圏から奄美へのルートが開設され、新たな観光需要の掘り起しが期待できる。安定的な運航をお願いしたい」と語った。

 中部国際空港 愛知県常滑市沖の埋め立て島に2005年2月開港。日本の国際拠点空港の一つで愛称セントレア。国内外約50社が就航し、17年度利用旅客数1154万人。

関連記事

本物の市電を操縦体験

豊橋鉄道が夏休みイベント  子どもたちに市内電車(市電)を親しんでもらおうと、豊橋鉄道(豊橋市)は16日、夏休み体験イベントを同市東田町の赤岩口車庫などで開いた。県内や静岡県から親子連れら31人が参...

荘内日報社

大雨 Uターンの足直撃

 庄内地方は16日、前日夜から降り続いた大雨の影響で、JR羽越本線は一部区間の運転を見合わせ、日本海沿岸東北自動車道あつみ温泉インターチェンジ(IC)―鶴岡西IC間が全面通行止め、国道7号堅苔沢地内が...

紀伊民報社

ウミガメ上陸10年で最少

 和歌山県みなべ町山内、千里の浜の今シーズンのアカウミガメの上陸、産卵状況がまとまった。上陸は161回、産卵は59回で過去10年で最も少なかった。  同浜は本州最大のアカウミガメの産卵地。浜の...

女子IH、若手の成長不可欠 北京五輪で悲願のメダルを

 4年後の2022年北京五輪を目指してスタートを切った女子アイスホッケー日本代表「スマイルジャパン」。14年ソチ五輪以来、再登板となる飯塚祐司新監督の下で悲願のメダル獲得を目指す。若手の育成など...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク