全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

スカイマークが奄美便

新規路線の開設を発表したスカイマークの市江社長(右)と三反園知事=25日、鹿児島市の県庁

 スカイマーク(本社東京都、市江正彦社長)は25日、中部国際空港(愛知県常滑市)―鹿児島、鹿児島―奄美大島の2路線を開設すると発表した。8月1日からそれぞれ1日2往復4便を毎日運航する。同社の鹿児島―奄美大島線の就航は2011年以来約7年ぶり。観光誘客や利便性の向上が期待されている。

 スカイマークの鹿児島を発着する定期線は羽田、神戸の2路線。鹿児島―奄美大島線は季節定期便として10年9~10月と11年3~10月に運航していた。

 現在、鹿児島―奄美大島線は日本エアコミューター(JAC)などが1日7往復14便、中部―鹿児島線は全日本空輸(ANA)や格安航空会社(LCC)のジェットスター・ジャパンが1日5往復10便を運航している。

 今回の路線開設は世界自然遺産登録が見込まれる奄美への観光客や、中部圏から鹿児島へのビジネス客の利用が見込めると判断した。

 機材は177人乗りのボーイング737―800型機を使用し、運賃は今後決定する。中部―奄美大島間を1日で乗り継ぎできるようダイヤを設定。市江社長は「多くの人に利用してもらえるような運賃を考える」と話した。

 市江社長と25日、懇談した三反園訓知事は「中部圏から奄美へのルートが開設され、新たな観光需要の掘り起しが期待できる。安定的な運航をお願いしたい」と語った。

 中部国際空港 愛知県常滑市沖の埋め立て島に2005年2月開港。日本の国際拠点空港の一つで愛称セントレア。国内外約50社が就航し、17年度利用旅客数1154万人。

関連記事

紀伊民報社

富田川干上がる アユへの影響心配

 昨年10月以降、和歌山県の紀南地方で雨が少なく、富田川では近年にない大きな瀬切れが起こっている。漁協関係者は「昨秋から雨が少なく、アユのふ化と流下がうまくいったか心配だ。遡上(そじょう)が始ま...

宇部日報社

感謝弁当で恩師を接待

 山口県山陽小野田市の厚狭高(徳田充校長)総合家庭科3年生は17日、松花堂弁当を作り教職員38人に振る舞った。卒業を間近に控えた生徒による恒例行事で、授業で学んだ知識と技術で地元の食材と向き合い...

トムラウシ山野営指定地にトイレ増設 新得

 大雪山系トムラウシ山(2141メートル)の環境改善に取り組む「環境対策部会」(部会長・小西則幸新得山岳会長)の会合が15日、新得町役場庁舎で開かれた。来年度は野営指定地での携帯トイレブースを増設...

長野日報社

平穏祈り恵方に矢 長野県諏訪地方各地で「山の神祭」

 諏訪地方の各地で17日、山の安全や地域の無事平穏を祈る「山の神祭」があった。下諏訪町第三区は町内の国道142号沿いにある山の神社で行い、区役員や町内会長をはじめ区民約70人が参加。手作りの弓矢を...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク