全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

一日駅長で児童活躍/JR釧路湿原駅30周年

 JR釧路湿原駅の開駅30周年を祝う記念セレモニーが29日、同駅で行われた。町特産の昆布を乗客に配布したほか、町立遠矢小学校の児童5人が一日駅長を務め、人気観光列車「くしろ湿原ノロッコ号」の出発合図などを行い、セレモニーを盛り上げた。

 同イベントは釧路町とJR北海道釧路支社の共催。釧路湿原駅は、1988年7月23日に開業。釧路湿原国立公園の玄関口として多くの観光客が利用している。

 記念セレモニーでは、207人の乗客を乗せたノロッコ2号が同駅に5分間臨時停車し、佐藤広高町長らが乗客に町特産の「サオマエコンブ」、昆布森漁協女性部製造の「すりむ昆布」、同支社特製のメモ帳などを配布。制服に身を包んだ一日駅長の兒玉鷲人君、澤口翔君、鹿川航生君、岩山埜愛さん、山内妃杏?さんが車内アナウンスで釧路町や釧路湿原を紹介し、同支社の萩原国彦支社長らが見守る中、原政巳JR釧路駅長と共に「出発進行」と右手を上げ、元気良く出発合図を行い列車を見送った。

 5人を代表して山内さんは「いろいろな人たちに喜んでもらえて楽しかった」と達成感あふれた笑顔で話していた。原駅長は「多くのお客さまをお出迎え、お見送りしてもらい100点満点です」と5人の頑張りに目を細めていた。佐藤町長は「釧路湿原に接する駅。オホーツクにつながる観光路線として、駅舎や鉄路をこのまま残してもらいたい」と話していた。

関連記事

長野日報社

アイデアいっぱい実践へ 辰野町ど真ん中作戦会議

 日本の中心に位置する町のPR戦略を考えようと、辰野町と住民が協働で進める「日本のど真ん中作戦会議」は13日夜、第3回会議を町役場で開いた。幅広い世代の参加者約70人が、これまでに発案、仕分けし...

荘内日報社

致道博物館 30年以上前の落とし物 大切に預かってます

 鶴岡市の致道博物館で30年以上もの間、来館者の落とし物として大切に保管されてきた「ドナルドダック」の縫いぐるみが、ツイッター上で話題になっている。職員の投稿から1週間後の13日午前現在で「いいね」は2...

紀伊民報社

顔認証システムの実証実験 白浜で1月から

 来春から南紀白浜空港(和歌山県白浜町)を運営する南紀白浜エアポートは13日、同空港や町内にあるホテルなどで、顔認証システムの実証実験を来年1月14日から始めると発表した。参加事業所では、利用者...

十勝鹿追そば21日再開 しかめん引き継ぎ

 4月に閉店したそば店「しかめん」(町西町3)が21日午前10時、「十勝鹿追そば」として営業を再開する。事業を引き継いだ町内の建設会社「健勝重建」の相澤政則社長は「再び町民や観光客に愛される店に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク