全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

一日駅長で児童活躍/JR釧路湿原駅30周年

 JR釧路湿原駅の開駅30周年を祝う記念セレモニーが29日、同駅で行われた。町特産の昆布を乗客に配布したほか、町立遠矢小学校の児童5人が一日駅長を務め、人気観光列車「くしろ湿原ノロッコ号」の出発合図などを行い、セレモニーを盛り上げた。

 同イベントは釧路町とJR北海道釧路支社の共催。釧路湿原駅は、1988年7月23日に開業。釧路湿原国立公園の玄関口として多くの観光客が利用している。

 記念セレモニーでは、207人の乗客を乗せたノロッコ2号が同駅に5分間臨時停車し、佐藤広高町長らが乗客に町特産の「サオマエコンブ」、昆布森漁協女性部製造の「すりむ昆布」、同支社特製のメモ帳などを配布。制服に身を包んだ一日駅長の兒玉鷲人君、澤口翔君、鹿川航生君、岩山埜愛さん、山内妃杏?さんが車内アナウンスで釧路町や釧路湿原を紹介し、同支社の萩原国彦支社長らが見守る中、原政巳JR釧路駅長と共に「出発進行」と右手を上げ、元気良く出発合図を行い列車を見送った。

 5人を代表して山内さんは「いろいろな人たちに喜んでもらえて楽しかった」と達成感あふれた笑顔で話していた。原駅長は「多くのお客さまをお出迎え、お見送りしてもらい100点満点です」と5人の頑張りに目を細めていた。佐藤町長は「釧路湿原に接する駅。オホーツクにつながる観光路線として、駅舎や鉄路をこのまま残してもらいたい」と話していた。

関連記事

地元産で「甘夏」シャーベット

 田原市内で盛んに生産されている「甘夏」を使ったシャーベットを、同市蔵王山展望台の蔵王パノラマカフェが25日から売り出す。価格300円税込みで、限定約1000食、9月中旬頃までの販売を見込む。  ...

紀伊民報社

紅紫色の梅新品種 「ミスなでしこ」海外へ

 果皮が紅紫色の梅の新品種「ミスなでしこ」が今季、香港で販売される。初の海外進出で、農家らは国内外での消費拡大につながると期待を寄せる。  ミスなでしこは紅紫色の小梅と主力品種「南高」の交雑種で...

荘内日報社

日沿道酒田みなと―遊佐比子間 5.5㌔20年度まで開通

 国土交通省酒田河川国道事務所は23日、建設中の日本海沿岸東北自動車道(日沿道)酒田みなと―遊佐間12㌔のうち、酒田みなとインターチェンジ(IC)―遊佐比子IC(仮称)間5・5㌔について、2020年度までに開...

宇部日報社

山口市名田島で麦の収穫始まる

 麦の穂が黄金色に輝く「麦秋」を迎え、県内有数の産地として知られる山口市南部地域で収穫作業が始まっている。    名田島地域では22日、畑を走るコンバインがエンジン音を響かせ、青空に向かって真っ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク