全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

カレーで地域を元気に 伊那市長谷中がフェス

地域を元気に-と手作りカレーなどを販売した長谷中の「カレーフェス」。多くの人が買い求めた

 伊那市の長谷中学校は29日、食を通じて長谷の魅力を発信するイベント「カレーフェス」を同校で開いた。当初は同市長谷にあるキャンプ場・鹿嶺高原での開催を予定していたが、台風12号の影響で会場を中学校に変更。中学生が調理した「ジビエカレー」や地区内有志の手作りカレーをワンプレートで提供し、地域活性化を願った。

 校外学習で鹿嶺高原を利用した3年生が、同高原の知名度アップを目的に、高原の名称とカレーをかけてフェスを企画。台風により会場は変更になったが、鹿嶺高原の紹介ブースを設置した。

 カレーは長谷産食材を使った中学生の「ジビエカレー」通常タイプとキーマカレータイプ、長谷食文化研究会が作った野菜たっぷりの「甘口カレー」、長谷消防団のキムチがトッピングされた「辛口カレー」の4種類を4分割された一つのトレーに盛り、1食500円で提供。信州大学農学部の留学生たちは「本場スリランカカレー」も販売した。

 同校1年生は、栽培している地域伝統野菜の内藤とうがらしで作ったラー油「長谷の太陽」をソフトクリームにかけて販売。2年生は「中尾歌舞伎ファンクラブ」の会員募集と応援フリーマーケットを行った。会場には多くの地域住民や市民が訪れ、生徒たちの学習活動に理解を深めながら、カレーの味比べを楽しんでいた。

 同校の高木幸伸校長は「中学生だけでフェアを継続的に開くことは難しいが、今回で長谷の魅力をたくさん発信できた。今後も中学生ができるさまざまな活動で地域を元気にしていきたい」と話していた。

関連記事

長野日報社

アイデアいっぱい実践へ 辰野町ど真ん中作戦会議

 日本の中心に位置する町のPR戦略を考えようと、辰野町と住民が協働で進める「日本のど真ん中作戦会議」は13日夜、第3回会議を町役場で開いた。幅広い世代の参加者約70人が、これまでに発案、仕分けし...

荘内日報社

致道博物館 30年以上前の落とし物 大切に預かってます

 鶴岡市の致道博物館で30年以上もの間、来館者の落とし物として大切に保管されてきた「ドナルドダック」の縫いぐるみが、ツイッター上で話題になっている。職員の投稿から1週間後の13日午前現在で「いいね」は2...

紀伊民報社

顔認証システムの実証実験 白浜で1月から

 来春から南紀白浜空港(和歌山県白浜町)を運営する南紀白浜エアポートは13日、同空港や町内にあるホテルなどで、顔認証システムの実証実験を来年1月14日から始めると発表した。参加事業所では、利用者...

十勝鹿追そば21日再開 しかめん引き継ぎ

 4月に閉店したそば店「しかめん」(町西町3)が21日午前10時、「十勝鹿追そば」として営業を再開する。事業を引き継いだ町内の建設会社「健勝重建」の相澤政則社長は「再び町民や観光客に愛される店に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク