全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

京都から「伊那県」に到着 飯島町150年記念ウォーク

ゴールに到着し、関係者にハイタッチで迎えられる「伊那県ウォーク」の参加者

 信州初の県「伊那県」が成立し、当時の県庁が飯島町に置かれてから150年を記念して、京都市から同町までの284・89キロを12回に分けて歩く「信州いいじま伊那県ウォーク」(町教育委員会主催)は28日、飯田市から同町までの最終区間を歩いた。参加者ら約50人が晴れやかな表情で飯島陣屋の門をくぐり、ゴール到着の喜びを分かち合った。

 1868(慶応4)年、初代の知県事(現在の県知事)の北小路俊昌が、代官役所に置かれた県庁に京都から着任した史実に基づくウオーキングイベント。一行は昨年5月に京都御苑を出発し、飯島陣屋を目指して毎回20~30キロの行程を歩いてきた。

 この日は午前7時に飯田市の今宮球場を出発し、広域農道を中心に24・53キロの道のりを歩いた。心配された台風12号の影響もなく、参加者らは午後3時ごろ飯島陣屋に到着。下平洋一町長をはじめ関係者らが「おかえりなさい」の横断幕を掲げ、一行をハイタッチで迎えた。

 セレモニーではくす玉を割って到着を祝い、全行程を歩いた17人に完歩証が交付された。2年前に町内へ移り住み、「飯島を知りたくて(伊那県ウォークに)参加した」という会社員の平原晋太郎さん(39)は「歩き切ることができたので、今後苦しいことがあっても乗り切ることができそう」と感慨深げ。「毎回歩くことに集中していたので今後、配布された資料で町のことも勉強していきたい」と話していた。

関連記事

奥三河の道の駅めぐる「キャノンボール」

道交法守り設定時間に近づけるバイクイベント  新城市と北設楽郡3町村、豊田市内の奥三河にある7つの道の駅を回るバイクのツーリングイベント「オン・タイム・キャノンボール」が21日、新城市八束穂の道の...

八重山マグロを堪能 空港で大試食会

 10月10日の「まぐろの日」にちなみ八重山マグロ大試食会(石垣市農林水産部水産課主催)が12日午前、南ぬ島石垣空港で行われ、用意したキハダやメバチマグロ200食は、開始早々から観光客や地元住民らが列...

長野日報社

諏訪の酒と信州の味覚楽しむ 上諏訪街道・秋の呑みあるき

 諏訪市の国道20号沿いにある酒蔵5蔵を巡り日本酒を楽しむイベント「上諏訪街道・秋の呑みあるき」(同実行委員会主催)が6日から始まった。安全対策などの面から春と同じ2日間開催し、各日限定2000...

長野日報社

6日から秋のバラ祭り 高遠「しんわの丘ローズガーデン」

 伊那市高遠町の高遠「しんわの丘ローズガーデン」で6~8日、秋のバラ祭り(実行委員会主催)が開かれる。小ぶりながら 色濃い秋のバラの花々が来園者を出迎え。育て方相談や竹とんぼ作り教室などの催し...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク