全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

クマノザクラは「新種」 学名認められる

古座川町に自生するクマノザクラ(提供写真)

 紀伊半島南部に群生するクマノザクラを新種とする論文が、日本植物分類学会の学会誌に掲載された。発表した森林総合研究所サクラ保全担当チームの勝木俊雄チーム長が提唱した学名「Cerasus kumanoensis(セラサス クマノエンシス)」が認められた。国内で確認された野生種のサクラの新種は約100年ぶり。  クマノザクラは鮮やかなピンク色の美しい花が特徴。田辺市や古座川町、三重県熊野市、奈良県十津川村など、熊野川流域を中心にした南北約90キロ、東西約60キロの範囲で確認されている。  同地域に分布するヤマザクラやカスミザクラと似ていることから、論文ではこれらと比べて「花柄が長い」や「花びらの色が濃い」「開花時期が早い」「葉の鋸歯(きょし)が粗い」「葉が小さくて細長い」など形態的な違いを明確にして新種の根拠としている。  さらに標準木が和歌山県古座川町池野山にあることや、勝木チーム長がクマノザクラを確認した地点なども地図で示している。英名は「クマノチェリー」としている。  勝木チーム長は、変わったサクラがあると聞き、2016年春から古座川町などで、県林業試験場(上富田町)と共同で本格的な調査を始めた。その中で、既存種の突然変異などではなく、固有の特徴を多く持っていることが分かった。  ソメイヨシノとオオシマザクラの開花時期が一部でクマノザクラと重なるため、今後、交雑からクマノザクラを守る研究をしていきたいという。

関連記事

児童が豊川海軍工廠の戦争遺構を巡る

演劇テーマを代田小の校外学習  豊川市立代田小学校(小島修校長)の6年生児童78人が18日、平和校外学習に臨んだ。11月10日に25回目を迎える演劇「ああ、豊川海軍工廠(しょう)」の発表を控えており、劇の...

紀伊民報社

534人が申し込み すさみで自転車イベント

 和歌山県すさみ町周参見の海水浴場を発着点に21日開かれる自転車イベント「ライドオンすさみ」(大会実行委員会主催、紀伊民報など後援)は、2部門で全国から計534人の参加申し込みがあった。実行委は...

荘内日報社

全長272㍍「羽黒山橋」つながる

 2020年度の羽黒山バイパス(約3・2㌔)供用開始を目指し建設が進められている鶴岡市羽黒町手向の主要地方道鶴岡羽黒線「羽黒山橋」(仮称)の橋桁締結式が17日、現地で行われ、全長272㍍の橋がつながった。 ...

宇部日報社

やまぐち健康維新キックオフ

 山口県の新たな健康づくりへの取り組み「やまぐち健康維新」のキックオフイベントが17日、山口ゆめ花博会場(多目的ドーム)で開かれた。村岡嗣政知事が「やまぐち県民一斉健康宣言」で、楽しく、無理なく...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク