全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

クマノザクラは「新種」 学名認められる

古座川町に自生するクマノザクラ(提供写真)

 紀伊半島南部に群生するクマノザクラを新種とする論文が、日本植物分類学会の学会誌に掲載された。発表した森林総合研究所サクラ保全担当チームの勝木俊雄チーム長が提唱した学名「Cerasus kumanoensis(セラサス クマノエンシス)」が認められた。国内で確認された野生種のサクラの新種は約100年ぶり。  クマノザクラは鮮やかなピンク色の美しい花が特徴。田辺市や古座川町、三重県熊野市、奈良県十津川村など、熊野川流域を中心にした南北約90キロ、東西約60キロの範囲で確認されている。  同地域に分布するヤマザクラやカスミザクラと似ていることから、論文ではこれらと比べて「花柄が長い」や「花びらの色が濃い」「開花時期が早い」「葉の鋸歯(きょし)が粗い」「葉が小さくて細長い」など形態的な違いを明確にして新種の根拠としている。  さらに標準木が和歌山県古座川町池野山にあることや、勝木チーム長がクマノザクラを確認した地点なども地図で示している。英名は「クマノチェリー」としている。  勝木チーム長は、変わったサクラがあると聞き、2016年春から古座川町などで、県林業試験場(上富田町)と共同で本格的な調査を始めた。その中で、既存種の突然変異などではなく、固有の特徴を多く持っていることが分かった。  ソメイヨシノとオオシマザクラの開花時期が一部でクマノザクラと重なるため、今後、交雑からクマノザクラを守る研究をしていきたいという。

関連記事

本物の市電を操縦体験

豊橋鉄道が夏休みイベント  子どもたちに市内電車(市電)を親しんでもらおうと、豊橋鉄道(豊橋市)は16日、夏休み体験イベントを同市東田町の赤岩口車庫などで開いた。県内や静岡県から親子連れら31人が参...

荘内日報社

大雨 Uターンの足直撃

 庄内地方は16日、前日夜から降り続いた大雨の影響で、JR羽越本線は一部区間の運転を見合わせ、日本海沿岸東北自動車道あつみ温泉インターチェンジ(IC)―鶴岡西IC間が全面通行止め、国道7号堅苔沢地内が...

紀伊民報社

ウミガメ上陸10年で最少

 和歌山県みなべ町山内、千里の浜の今シーズンのアカウミガメの上陸、産卵状況がまとまった。上陸は161回、産卵は59回で過去10年で最も少なかった。  同浜は本州最大のアカウミガメの産卵地。浜の...

女子IH、若手の成長不可欠 北京五輪で悲願のメダルを

 4年後の2022年北京五輪を目指してスタートを切った女子アイスホッケー日本代表「スマイルジャパン」。14年ソチ五輪以来、再登板となる飯塚祐司新監督の下で悲願のメダル獲得を目指す。若手の育成など...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク