全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

清水の十勝若牛 カツサンドに 新千歳で来月発売

 JA十勝清水町(串田雅樹組合長)は、菓子メーカーのもりもと(千歳市、森本吉勝社長)と弁当チェーンを展開するアイチフーズ(札幌市、森谷明弘社長)と連携し、十勝若牛の空弁カツサンドを開発した。8月1日にオープンする北海道くらし百貨店新千歳空港で、限定販売する。

新千歳空港限定で販売する十勝若牛の(左から)ビーフフィレカツサンドとミルフィーユビーフカツサンド

 十勝若牛は、ホルスタイン種雄の赤身肉。通常より約半年短い、14カ月の肥育期間で出荷することで、牛独特の癖や脂肪を抑えた軟らかい肉質が特徴となっている。

 2012年の「牛肉サミット」(滋賀県)優勝や、十勝若牛を使用した「十勝清水牛玉ステーキ丼」の新・ご当地グルメグランプリ殿堂入り(3年連続総合優勝)などで知名度を上げてきた。

 今回開発した商品は、1頭230キロから3%しか取れないというヒレステーキ肉を使った「ビーフフィレカツ」(1080円)と、薄いスライス肉を重ねて食感が楽しめる「ミルフィーユビーフカツ」(680円)の2種類で、道産小麦の風味香る「もりもと食パン」でサンドした。毎日数量限定で提供する。

 同JA企画室販売企画課の吉国泰輔課長は「試行錯誤を重ねた末に完成した究極のカツサンド。全国規模での広がりを期待したい」と話している。

 北海道くらし百貨店新千歳空港は、国内線旅客ターミナルビル2階出発ゲート内5番搭乗口付近。「北海道と、暮らそう。」をテーマに道産食材を使用したスイーツや空弁を販売する。

関連記事

「納涼ビール電車」14日から運行

 豊橋の夏の風物詩「納涼ビール電車」(路面電車)が14日、豊橋鉄道の市内線で今季の運行を始める。冷たい生ビールを飲みながら、車窓からの街並みを眺められる。  今年で27周年を迎え、駅前電停から運動公園...

平松食品が「PHラボ」3信金などのファンド活用

東三河4高校と共同開発した商品販売   魚介類の佃煮などの製造販売業者・平松食品(豊橋市梅藪町、平松賢介社長)は11日、東三河の県立高校4校が開発した商品の販売などを手がける「プロフェッショナル・...

十勝牛とろ丼 まんパク 3連覇

 3日まで東京都内で開かれた日本最大級の食のイベント「満腹博覧会(まんパク)2019」で、十勝スロウフード(清水町御影、藤田惠社長)が出品した「十勝牛とろ丼」が人気グルメランキングで3年連続の...

長野日報社

安心でおいしいレタス 長谷中学校生徒が有機無農薬栽培

長野県伊那市の長谷中学校と同校の野菜作りなどを支援する「南アルプス山麓地域振興プロジェクト推進協議会」は8日、同市の道の駅・南アルプスむら長谷で、生徒が有機無農薬で栽培したレタス約100個を販...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク