全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

本番へ向け稽古に熱

豊橋シティオペラ来月26日公演

 「子どもから大人まで楽しめるオペラ」と銘打ち、豊橋市の穂の国とよはし芸術劇能プラット主ホールで8月26日に開かれる「オペラ シンデレラ 日本語上演」。本番まで1カ月を切り、出演者らの練習も大詰め。演出家・松山雅彦氏の指導の下、衣装を身につけ、生演奏に合わせた稽古も始まった。  豊橋シティオペラ実行委員会主催、桜丘高等学校音楽科楽友会の共催、東愛知新聞社など後援。当日は午後1時15分から、子どもたちによる合唱団「Sakura Cantabile(サクラカンタービレ)公演」を、同4時半からは地元ゆかりの音楽家らによる「豊橋シティオペラ公演」を予定している。  ロッシーニ作曲のオペラ「シンデレラ」を、それぞれのために編曲・編集して約90分の内容で上演するもので、オリジナルシーンも盛り込み、だれもが親しめる内容に。豊橋シティオペラ公演ではサクラカンタービレ団員や男声合唱団ふんけんクラブらがステージを盛り上げるほか、ピアノの野畑さおりさん、桜丘高等学校音楽科管弦アンサンブルも参加、こだわりの生演奏を繰り広げる。  豊橋シティオペラ公演でシンデレラ役を務めるのは、東京二期会会員で豊橋少年少女合唱団や豊橋女声コーラスの指導などでも活躍のソプラノ歌手・田辺菜美子さん。「ロッシーニ没後150年という記念すべき年にシンデレラ役を与えてもらい、素晴らしい巡り合わせにワクワクしている。オケとの稽古を通してより高揚感や一体感が出てきた」と語る。ラミロ王子を演じるのは、同じく東京二期会会員で豊橋合唱協会会長やサクラカンタービレ代表、今回の公演監督も務める吉村純さん(桜丘高校音楽科主務)で、稽古の手応えを「順調に仕上がっている。子どもたちが一生懸命取り組んだ努力の成果を見てもらうと共に、大人の迫力があり厚みのあるハーモニーを楽しんでほしい」と話していた。  サクラカンタービレ公演のチケットは完売。豊橋シティオペラ公演は入場料2000円、高校生以下1000円(いずれも自由席)。チケットは、プラットチケットセンター窓口(0532・39・3090)などで取扱中。問い合わせはサクラカンタービレ(080・9736・1600)へ。

関連記事

浦幌滞在の「参考書」完成 「リペリエンス」がパンフ作製

 浦幌町で総合旅行業などを手掛ける「リペリエンス」(小松輝代表)は、ジャバラ折りの観光パンフレットを作製した。「かしこと浦幌町」の表題で20代女性の滞在記を中心に、写真も多用してまちの魅力を紹介し...

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク