全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

世界ジュニア相撲選手権大会 齋藤選手(酒田出身)個人・団体2冠に輝く

 台湾・桃園市で21日に行われた世界ジュニア相撲選手権大会で、酒田市出身の齋藤大輔選手(17)=埼玉栄高3年=が男子の個人重量級(体重100キロ以上)と団体戦で優勝した。

 大会は、世界相撲連盟が1999年からほぼ毎年、世界各地で開いている。18歳以下の男女が対象で、国内からは今春までの各種大会の成績を基に選考された。

 個人戦は体重別で、男子の重量級には齋藤選手を含め9つの国と地域の9人が出場。齋藤選手は、準々決勝で台湾、準決勝でモンゴルの選手をそれぞれ下した。ブラジルの選手との決勝では、立ち合いで左上手を取ってすぐに投げを打ち、相手が体勢を崩したところを、腰を落として一気に土俵際まで寄り、寄り切った。

 1チーム3人による団体戦には11の国と地域が出場。齋藤選手は中堅を務めた。準々決勝はジョージア、準決勝はロシアを、それぞれ3勝で下した。モンゴルとの決勝で齋藤選手は、立ち合いで右脇を差され上体を起こされたが、右上手を取ってからは落ち着いた相撲で相手を揺さぶり、上手投げで勝利。大将が敗れたが、2勝1敗で優勝した。

 齋藤選手は小学校の頃から酒田相撲教室に通い、酒田一中3年生の時は全国都道府県中学生相撲選手権大会で優勝した。相撲の強豪校である埼玉栄高に進学し、昨年のインターハイでは3位となるなど活躍している。身長190センチ、体重130キロの恵まれた体格を生かし、左四つからの上手投げを得意としている。海外での試合は今回が初めてだった。

 同行した母親の齋藤百合さん(52)=酒田市若宮町一丁目、会社員=によると、齋藤選手は試合後、「ほっとした。団体戦も取れて良かった」と満面の笑みを浮かべた。百合さんは「修学旅行にも行かず相撲ばかりやっていたので、そのご褒美のような感じで、うれしかったのでは。体格も、繰り出す技も国内とは違うので、戸惑いもあったが、だからこそ学ぶものも多かったと思う」と喜んだ。

 当面は、インターハイ(8月3―5日、静岡県)と国体(9月30日―10月2日、福井県)で好成績を収め、アマチュア相撲の頂点として天皇杯が懸かる全日本相撲選手権に出場するのが目標という。大相撲に進むかなど、高校卒業後の進路はそれらが一段落してから考えるという。

試合後の会場で、百合さんの首にも金メダルを掛け、一緒に写真に納まる齋藤選手(左)

関連記事

感謝の思い胸に 小学校卒業式 帯広

 十勝管内の多くの小学校で22日、卒業式が行われた。卒業生は4月から通う中学校の制服に身を包み、晴れて学びやを巣立った。  この日、式が行われたのは管内全小学校(93校)の約9割に当たる81...

宇部日報社

県立美術館で扇の特別展

 県立美術館の特別展「扇の国、日本」が、山口市亀山町の同館で開かれている。日常的に使用された紙の扇をはじめ、扇をモチーフとしたびょうぶや器、ふすま絵など、中世の作品を中心に約160点を並べている...

長野日報社

甲信の縄文“魅力発信” 茅野で初フェス

 八ケ岳周辺がエリアの日本遺産「星降る中部高地の縄文世界」の活用に取り組む甲信縄文文化発信・活性化協議会は21日、初の「甲信縄文フェスティバル」を茅野市の茅野市民館で開いた。日本遺産を構成する...

人気の竹島水族館で年間入館者45万人突破

3組の親子に幸運  蒲郡市竹島水族館の年間入館者数が21日、45万人を突破した。今年度は1978(昭和53)年度に統計を初めて以来最多のペース。45万人目の親子にプレゼントを贈った小林龍二館長は「来館し...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク