全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

光る浮輪でパレード、ゆめ花博の夜企画を実験

光る浮輪を身に着けた子どもたち(きらら博記念公園で)

 第35回全国都市緑化やまぐちフェア(山口ゆめ花博)のナイトプログラム「KIRARA RING」のパレード実験が25日、山口市阿知須のきらら博記念公園で行われた。約100人の関係者や市民らが、本番さながらに光る浮輪を着け、パフォーマー集団「フラワープリンシパル」と共に公園内の約1キロを練り歩いた。

 花博の一日の締めくくりとして、期間中(9月14日~11月4日)通して実施されるイルミネーションイベント。七色に光る花形のバルーンを身に着けた参加者たちが隊列を組み、軽快な音楽に乗って公園内の花や夜空を見て歩く。公園内のライトアップと共演し、幻想的な夜の情景をつくり出す。予行演習では、きららドームや海などの光と身に着けたバルーンの動きが重なって色を変える演出、移動中の音響機器の加減などを実験。パレードの最後には、毎日1文字ずつ光の人文字を作って上空から撮影し、参加者全員で「52日の詩」を完成させる企画もある。総合演出を担当した光のアーティスト・高橋匡太さん(京都府)は「参加者が主役となり、一つの物語を紡ぐようなイメージで、手応えは十分。多くの人に参加してもらい、未来に残る思い出をつくってほしい」と語った。

関連記事

児童が豊川海軍工廠の戦争遺構を巡る

演劇テーマを代田小の校外学習  豊川市立代田小学校(小島修校長)の6年生児童78人が18日、平和校外学習に臨んだ。11月10日に25回目を迎える演劇「ああ、豊川海軍工廠(しょう)」の発表を控えており、劇の...

紀伊民報社

534人が申し込み すさみで自転車イベント

 和歌山県すさみ町周参見の海水浴場を発着点に21日開かれる自転車イベント「ライドオンすさみ」(大会実行委員会主催、紀伊民報など後援)は、2部門で全国から計534人の参加申し込みがあった。実行委は...

荘内日報社

全長272㍍「羽黒山橋」つながる

 2020年度の羽黒山バイパス(約3・2㌔)供用開始を目指し建設が進められている鶴岡市羽黒町手向の主要地方道鶴岡羽黒線「羽黒山橋」(仮称)の橋桁締結式が17日、現地で行われ、全長272㍍の橋がつながった。 ...

宇部日報社

やまぐち健康維新キックオフ

 山口県の新たな健康づくりへの取り組み「やまぐち健康維新」のキックオフイベントが17日、山口ゆめ花博会場(多目的ドーム)で開かれた。村岡嗣政知事が「やまぐち県民一斉健康宣言」で、楽しく、無理なく...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク