全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

光る浮輪でパレード、ゆめ花博の夜企画を実験

光る浮輪を身に着けた子どもたち(きらら博記念公園で)

 第35回全国都市緑化やまぐちフェア(山口ゆめ花博)のナイトプログラム「KIRARA RING」のパレード実験が25日、山口市阿知須のきらら博記念公園で行われた。約100人の関係者や市民らが、本番さながらに光る浮輪を着け、パフォーマー集団「フラワープリンシパル」と共に公園内の約1キロを練り歩いた。

 花博の一日の締めくくりとして、期間中(9月14日~11月4日)通して実施されるイルミネーションイベント。七色に光る花形のバルーンを身に着けた参加者たちが隊列を組み、軽快な音楽に乗って公園内の花や夜空を見て歩く。公園内のライトアップと共演し、幻想的な夜の情景をつくり出す。予行演習では、きららドームや海などの光と身に着けたバルーンの動きが重なって色を変える演出、移動中の音響機器の加減などを実験。パレードの最後には、毎日1文字ずつ光の人文字を作って上空から撮影し、参加者全員で「52日の詩」を完成させる企画もある。総合演出を担当した光のアーティスト・高橋匡太さん(京都府)は「参加者が主役となり、一つの物語を紡ぐようなイメージで、手応えは十分。多くの人に参加してもらい、未来に残る思い出をつくってほしい」と語った。

関連記事

本物の市電を操縦体験

豊橋鉄道が夏休みイベント  子どもたちに市内電車(市電)を親しんでもらおうと、豊橋鉄道(豊橋市)は16日、夏休み体験イベントを同市東田町の赤岩口車庫などで開いた。県内や静岡県から親子連れら31人が参...

荘内日報社

大雨 Uターンの足直撃

 庄内地方は16日、前日夜から降り続いた大雨の影響で、JR羽越本線は一部区間の運転を見合わせ、日本海沿岸東北自動車道あつみ温泉インターチェンジ(IC)―鶴岡西IC間が全面通行止め、国道7号堅苔沢地内が...

紀伊民報社

ウミガメ上陸10年で最少

 和歌山県みなべ町山内、千里の浜の今シーズンのアカウミガメの上陸、産卵状況がまとまった。上陸は161回、産卵は59回で過去10年で最も少なかった。  同浜は本州最大のアカウミガメの産卵地。浜の...

女子IH、若手の成長不可欠 北京五輪で悲願のメダルを

 4年後の2022年北京五輪を目指してスタートを切った女子アイスホッケー日本代表「スマイルジャパン」。14年ソチ五輪以来、再登板となる飯塚祐司新監督の下で悲願のメダル獲得を目指す。若手の育成など...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク