全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ダンサー伊藤さん生まれ故郷で父と共演

あすから穂の国とよはし芸術劇場プラット

 豊橋市生まれでヨーロッパを拠点に活動するダンサー伊藤郁女(かおり)さん(38)の公演「私は言葉を信じないので踊る」が27、28の両日、穂の国とよはし芸術劇場プラットアートスペースで上演される。父親で彫刻家の博史さん(70)=東京都=と共演する話題作で、2015(平成27)年の初演以来、これまで世界40都市以上でパフォーマンスした。「生まれ故郷で父との作品が実現できることを本当に楽しみにしている」と話す。  伊藤さんは豊橋で生まれ、東京で育つ。クラシックバレエを5歳で始め、18歳で渡米。2003年からは仏を拠点に活動し、フランス政府から芸術文化勲章「シュヴァリエ」を受章した。現在も豊橋に祖父母の家があるため、頻繁に来豊しており「気持ち的には豊橋がふるさと」という。  本作は、伊藤さんが日本で生きる父・博史さんに宛てた100個以上の質問をベースにユニークな関係性をつづり、生真面目かつユーモラスに家族の肖像を描く。出演者は2人のみで、舞台芸術は博史さんが手掛ける。  67歳で踊りを始めた博史さんは、公演のため3年半毎日、ジムでトレーニングを積んでいるという。  約100回上演した作品もいよいよ来年度に終わりを予定。「だんだんさようならを言うために舞台で踊っているよう」と伊藤さん。限りある父娘の言葉を超えた会話を噛みしめる。  開演時間は27日が午後7時、28日は午後2時半で、共に終演後トークがある。チケットは一般3000円、24歳以下は1500円、高校生以下が1000円。当日券もある。  予約、問い合わせはプラットチケットセンター(0532・39・3090)へ。

関連記事

浦幌滞在の「参考書」完成 「リペリエンス」がパンフ作製

 浦幌町で総合旅行業などを手掛ける「リペリエンス」(小松輝代表)は、ジャバラ折りの観光パンフレットを作製した。「かしこと浦幌町」の表題で20代女性の滞在記を中心に、写真も多用してまちの魅力を紹介し...

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク