全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

笠鉾ずらり幻想的に 田辺祭

旧会津橋に引きそろえられた笠鉾や衣笠(24日、田辺市本町で)

 田辺市東陽の闘鶏神社の例大祭「田辺祭」宵宮が24日に営まれ、夜には同市の旧会津橋で笠鉾(かさほこ)と衣笠(きぬがさ)の引きそろえがあった。ちょうちんや電飾の明かりが橋の上に並び、多くの見物人を魅了した。  各地区の笠鉾と衣笠は昼間、市街地を巡行。午後7時ごろに闘鶏神社で「鳥居前の勤め」を営んだ。神社境内では、歌唱奉納や合気道の奉納演武大会などもあった。  午後9時半ごろから、おはやしを鳴らしながら、旧会津橋には笠鉾や衣笠が次々に到着した。ちょうちんや電飾の明かりが橋の上にずらりと浮かび上がった。  京都府舞鶴市から帰省し、家族3人で田辺祭を訪れた谷口慶太郎君(12)は「笠鉾が神社に入る時にくるくると回っていたのが、迫力があってすごかった」。母親の英子さん(47)は「江川出身なので、自分が育った地域のお祭りを子どもにも見せたかった。子どもたちにたくさん思い出をつくってもらえたら」と話した。  25日は午前4時半ごろ、神社で「暁の祭典」があり、舞姫が舞を奉納したほか、尺八奏者の奉納演奏もあった。夜は神社で宮入りや流鏑馬(やぶさめ)式などがあり、宮路通りで笠鉾と衣笠が引きそろう。

関連記事

北羽新報社

3年ぶり能代山本の実年の球宴 「400歳野球大会」開幕

 第80回400歳野球大会(北羽新報社主催)は25日、能代市の赤沼球場、八峰町の峰浜野球場で開幕した。コロナ禍で2年延期され3年ぶりの開催となり、前回より10チーム少ない42チームがエントリーし、実年球児...

長野日報社

2年ぶり感謝の熱演 長野県中川村で人形浄瑠璃公演

 長野県中川村の中川人形保存会と村公民館は19日、第9回「中川人形浄瑠璃定期公演」を中川文化センターで開いた。演目は「三番叟」と「傾城阿波鳴門~順礼歌の段」を上演。会場に集まった約70人の観客を前...

北羽新報社

藤里町で3年ぶり「ブナの森マラソン」 白神山地の麓で健脚競う

 藤里町内の森林基幹道米代線(米代フォレストライン)を走る「第9回ブナの森マラソン」は19日行われ、県内外のランナー223人が緑深まる世界自然遺産白神山地の麓で健脚を競った。新型コロナウイルスの影響で3...

オビヒロホコテン3年ぶり活気 バトン、はしごで幕開け

 コロナ禍の影響で3年ぶりの開催となった帯広まちなか歩行者天国(オビヒロホコテン、実行委主催)は19日、帯広市内の平原通(西2条通)や広小路を舞台に開幕した。正午現在、帯広の気温は24.1度ま...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク