全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「中尊寺蓮」咲く 美しい薄桃色の花

与那国島で開花した中尊寺蓮=7日、与那国(佐々木さん提供)

 【与那国】岩手県平泉町の中尊寺の池に咲く「中尊寺蓮」がこのほど、与那国島でも開花した。同町出身で久部良で農業を営む佐々木正宏さん(71)がことし3月に帰省した際、寺の関係者から長さ約1・5㌢の種1個を譲り受け、島内の畑で丹精込めて育ててきたもの。

 連日の炎天下で開花を心配していた佐々木さんは7日朝、見回りに行ったところ、直径約20㌢の薄桃色の花を咲かせていた。根はレンコン状に連なっており、茎の高さは1㍍余りに伸びている。高さ約60㌢直径50㌢の園芸用の鉢を地中に埋め込んで泥水を入れ、鉢を増やして株分けしている。

 中尊寺蓮は古代ハスで、大賀ハスで知られる大賀一郎博士が1950年に藤原康泰衡(奥州藤原四代)の首桶(くびおけ)から種を発見。門下の長島時子が1993年に発芽に成功、98年には開花にも成功した。当時は「800年の時を経てよみがえった」と話題になり、中尊寺の池に植えられ、「中尊寺蓮」と名づけられた。

 佐々木さんは5年前に与那国島に移住、島の友人らの指導で野菜づくりをしている。「ハスは本を見ながら」と言うほど園芸はまったくの素人。ネットで囲ってあるが、周囲には風を遮る高木がなく、「台風が心配」と話している。

関連記事

荘内日報社

200人力合わせ飛島をきれいに

 本県唯一の離島・飛島の自然豊かな環境を守ることを目的とした清掃活動「飛島クリーンアップ作戦」が25日、島内の荒崎海岸一帯で行われ、酒田市内外から参加したボランティア有志や島民計約200人が散乱した漂着...

クマ用スプレー貸し出します 高額、飛行機持ち込み不可…不便多く 帯広

 大雪山系の豊かな自然と十勝に魅せられた東京都の会社員白岩慎隆(のりたか)さん(51)が、登山者向けにクマ撃退スプレーのレンタル事業を始める。スプレーの飛行機持ち込みに制限があることなど自身の感じ...

宇部日報社

住吉まつりに3万人 47団体が踊りや太鼓で盛り上げ【山陽小野田】

 第13回「復活!住吉まつり」は26日、山陽小野田市東住吉町の住吉神社をメイン会場に開かれた。青天の下、恒例のパレードやステージイベントに加えて周辺施設でも多彩なイベントが行われ、約3万人(...

長野日報社

危機感募る観光地 サル出没相次ぐ光前寺周辺 長野県駒ケ根市

 長野県駒ケ根市駒ケ根高原の光前寺周辺で、野生のニホンザルの出没が相次いでいる。10年ほど前から頻繁に現れるようになったが、「今年は特にひどい」(地元関係者)。人的被害こそ確認されていないものの...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク