全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「中尊寺蓮」咲く 美しい薄桃色の花

与那国島で開花した中尊寺蓮=7日、与那国(佐々木さん提供)

 【与那国】岩手県平泉町の中尊寺の池に咲く「中尊寺蓮」がこのほど、与那国島でも開花した。同町出身で久部良で農業を営む佐々木正宏さん(71)がことし3月に帰省した際、寺の関係者から長さ約1・5㌢の種1個を譲り受け、島内の畑で丹精込めて育ててきたもの。

 連日の炎天下で開花を心配していた佐々木さんは7日朝、見回りに行ったところ、直径約20㌢の薄桃色の花を咲かせていた。根はレンコン状に連なっており、茎の高さは1㍍余りに伸びている。高さ約60㌢直径50㌢の園芸用の鉢を地中に埋め込んで泥水を入れ、鉢を増やして株分けしている。

 中尊寺蓮は古代ハスで、大賀ハスで知られる大賀一郎博士が1950年に藤原康泰衡(奥州藤原四代)の首桶(くびおけ)から種を発見。門下の長島時子が1993年に発芽に成功、98年には開花にも成功した。当時は「800年の時を経てよみがえった」と話題になり、中尊寺の池に植えられ、「中尊寺蓮」と名づけられた。

 佐々木さんは5年前に与那国島に移住、島の友人らの指導で野菜づくりをしている。「ハスは本を見ながら」と言うほど園芸はまったくの素人。ネットで囲ってあるが、周囲には風を遮る高木がなく、「台風が心配」と話している。

関連記事

本物の市電を操縦体験

豊橋鉄道が夏休みイベント  子どもたちに市内電車(市電)を親しんでもらおうと、豊橋鉄道(豊橋市)は16日、夏休み体験イベントを同市東田町の赤岩口車庫などで開いた。県内や静岡県から親子連れら31人が参...

荘内日報社

大雨 Uターンの足直撃

 庄内地方は16日、前日夜から降り続いた大雨の影響で、JR羽越本線は一部区間の運転を見合わせ、日本海沿岸東北自動車道あつみ温泉インターチェンジ(IC)―鶴岡西IC間が全面通行止め、国道7号堅苔沢地内が...

紀伊民報社

ウミガメ上陸10年で最少

 和歌山県みなべ町山内、千里の浜の今シーズンのアカウミガメの上陸、産卵状況がまとまった。上陸は161回、産卵は59回で過去10年で最も少なかった。  同浜は本州最大のアカウミガメの産卵地。浜の...

女子IH、若手の成長不可欠 北京五輪で悲願のメダルを

 4年後の2022年北京五輪を目指してスタートを切った女子アイスホッケー日本代表「スマイルジャパン」。14年ソチ五輪以来、再登板となる飯塚祐司新監督の下で悲願のメダル獲得を目指す。若手の育成など...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク