全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

猛暑の中、田辺祭始まる

市街地を出発し、合流する各地区の笠鉾(24日、田辺市古尾で)

 和歌山県田辺市東陽、世界遺産・闘鶏神社の例大祭「田辺祭」が24日始まった。厳しい日差しが照り付ける中、各地区の氏子らが引く笠鉾(かさほこ)や衣笠(きぬがさ)が市街地を巡行した。 

 紀州東照宮(和歌山市)の「和歌祭」、粉河産土神社(紀の川市)の「粉河祭」と並び紀州三大祭りとして、県無形民俗文化財に指定されている。本町、福路町、紺屋町、片町、栄町、北新町、南新町、江川の8地区が笠鉾と衣笠を計10基出している。  宵宮のこの日は午前9時20分ごろ、人形などを飾った各地区の笠鉾と衣笠が本町の旧会津橋近くにそろった。みこしや馬に乗った稚児の後、江川漁港内の「お旅所」へ向かった。  氏子らは猛暑の中、汗を拭って笠鉾や衣笠を引き、笠鉾内でお囃子(はやし)を鳴り響かせた。  午後も市街地を巡行し、夕方に闘鶏神社の鳥居前参道で、夜には旧会津橋で引きそろう。25日の本祭では神社で暁の祭典や宮入り、流鏑馬(やぶさめ)式などがあり、最後には今年も宮路通りで笠鉾と衣笠が引きそろう。

関連記事

荘内日報社

創立60周年節目祝う 羽黒学園 羽黒高校

 鶴岡市の羽黒高校(加藤和司校長、生徒766人)で23日、同校の創立60周年記念式典が行われ、在校生や教職員などが節目の年を祝った。  同校は1962(昭和37)年に羽黒工業高校として創立。89(平成元)年に...

「感じる」企画 祭典彩る ガーデンフェスタ北海道、来月24日まで 苫小牧で..

第39回全国都市緑化北海道フェア(ガーデンフェスタ北海道2022)が開幕した25日、苫小牧市の協賛会場である出光カルチャーパーク(末広町)でオープニングセレモニーが行われた。7月24日までの期間中...

インバウンドは「店長」におまかせ ハニフさん着任 道の駅うらほろ

 道の駅うらほろ(浦幌町北町16、国道38号沿い)に4月から、マレーシア人のイザハ・ハニフさん(28)が「店長」として勤務している。指定管理者の道の駅うらほろ直売会によると、2009年の開業以来、...

宇部日報社

新庁舎初の期日前投票所に整理券の発券機設置【宇部】

 参院選の期日前投票が、宇部市役所で始まっている。新庁舎初の期日前投票所は、正面入り口から入ってすぐの総合受付の奥にあり、コロナ禍の中、投票者が長蛇の列になっての密を避けるため、初めて整理券の発...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク