全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

帯広メロン甘い実り 出荷開始

 「帯広メロン」の出荷が24日始まった。管内6軒の生産者がハウス栽培し、糖度は15度以上と高く、甘くて爽やかな味が特徴だ。今年産は、イトーヨーカドー帯広店など管内小売店で販売するほか、市のふるさと納税の返礼品にも採用された。関係者は来年以降、本州の百貨店などに販路を広げたいと意気込む。

出来栄えを確認する生産者の前に、ずらりと並べられた「帯広メロン」

 24日午前、帯広メロンを取り扱うキサキ糧穀(市愛国町、鬼崎友宏社長)で生産者が今年産の出来栄えを確認する「目ならし会」を開いた。糖度が高く、形状も整っているという。今年は4000玉以上を生産する予定で、価格は2玉セットで4000円前後。

 「妃(きさき)」と呼ぶ品種のメロンで、化学肥料を極力使わず栽培する。収穫してから食べ頃になるまで常温で5~7日。管内ではコープさっぽろ、イオンなどの店頭にも並ぶ。

 「他産地のメロンと比べて味には自信がある」と同社関係者。今後は管外に本格的に売り込み、帯広メロンを全国区のブランドに育てたい考え。大手百貨店からの引き合いもある。

 帯広メロンは1988年、栽培技術の向上などを目的とした組織「FFVプロジェクト」の発足をきっかけに生産が始まった。

関連記事

レトルトホッキカレー、おいしく一新 発売10周年「店の味に近づく」-汐見..

 苫小牧市汐見町1のマルトマ食堂は、2009年の発売から10周年を迎えたレトルトホッキカレーをリニューアルした。特徴であるホッキ貝の甘みとこくが強調され、「さらにおいしく仕上がった」と三浦未(い...

荘内日報社

「つるおかぼんちゃ」収穫始まる

 鶴岡の7月盆に食べられる茶豆(枝豆)の超極早生品種「つるおかぼんちゃ」の収穫が7日から同市内の枝豆産地で始まった。例年より5日、昨年より1週間ほど早い。生産者グループは「5月の高温と乾燥などの影響を受...

十勝パンスイーツ 13日発売 「甘すぎずおいしい」

 十勝パンを創る会(中島将好会長)が開発したオリジナルパン「オドゥブレ十勝」を使ったスイーツが、13日から会員の旭屋商店(芽室)と満寿屋商店(帯広)で販売されることになった。6日には試食会が帯...

紀伊民報社

あま~く香るマンゴーたわわ

 和歌山県白浜町堅田、堅田耕平さん(82)は、町内のビニールハウスで育てているマンゴーの収穫を始めた。例年より実が多くついたといい、ハウス内は甘い香りが漂っている。収穫は7月中旬から8月初旬にか...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク