全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

パーレークイに歓声 多彩な芸能で世果報願う 黒島豊年祭

パーレークイで舟から下り、長老に向かって走りだす宮里村のウーニー(走者)=22日午後、黒島宮里海岸

 【黒島】黒島公民館(又吉英伸館長)の2018年豊年祭が22日、宮里海岸で行われた。雨の中、島内の四つの村が島独特のハーリー競漕(きょうそう)「パーレークイ」やミーラク(弥勒)行列などを奉納、ことしの豊作に感謝するとともに来年の世果報を祈願した。会場は多くの住民や観光客でにぎわいを見せた。

 パーレークイは、各村代表の走者(ウーニー)が浜辺で長老から杯を受けた後、舟に向かって疾走するところからスタート。乗船後、沖に浮かべた「フキ」というデイゴの木を取って岸に戻り、ウーニーが長老の元に到着する順位を競う行事で、ことしは宮里村が仲本村に勝利し、東筋村と保里村は引き分けとなった。

 宮里村のウーニー4度目の亀田和成さん(38)は「息のあった船こぎが勝因。黒島のハーリー船は20人乗りと大きく、自然の海岸で行っている。今後もこの規模を維持してほしいが、後継者育成が課題」と話した。

 このほか、村の郷友会がミーラクやガッキブドゥンなどを奉納。黒島小中学校の児童生徒と教員が笠ブドゥンやコームッサを、郷友会と公民館が合同で棒術を披露した。村々で力を合わせてニライカナイの幸福とともに船を陸へ揚げる「ユー揚げ」で締めくくった。

 祭りの願い(ニンガイ)は20日、島内唯一の現役の司である又吉恵美さん(74)が行った。

関連記事

荘内日報社

親子連れら掘削現場見学 日沿道「朝日温海道路」の大岩川トンネル

 日本海沿岸東北自動車道(日沿道)の「朝日温海道路」で、掘削工事が進む大岩川トンネル(仮称、延長1016㍍)の工事見学会が24日、鶴岡市大岩川地内の現地で行われた。庄内各地から親子連れらが参加し、日沿道...

紀伊民報社

マグロ大物386キロ

 日本有数の生マグロの水揚げ量で知られる和歌山県那智勝浦町の勝浦漁港に25日、重さ386キロ(全長262センチ)のクロマグロが水揚げされた。21日に水揚げされた308キロ(同236センチ)を超え...

「なつぞら」商品続々 限定ポテトチップス 士幌高生も協力

 NHK連続テレビ小説「なつぞら」の放送開始を控え、カルビー(東京)は作品の舞台となる十勝産が原料のポテトチップスじゃがバター味、焼きとうもろこし味を期間限定で全国発売する。士幌高校農業クラブの生...

宇部日報社

SLやまぐち号出発、春の観光シーズン幕開け

 SLやまぐち号の運行開始に合わせ23日、山口市小郡のJR新山口駅で記念イベントが開かれた。1979年8月に山口線に投入されて以来40周年を迎えた今年のSL運行を、県内外のファンらが祝った。山口...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク