全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

パーレークイに歓声 多彩な芸能で世果報願う 黒島豊年祭

パーレークイで舟から下り、長老に向かって走りだす宮里村のウーニー(走者)=22日午後、黒島宮里海岸

 【黒島】黒島公民館(又吉英伸館長)の2018年豊年祭が22日、宮里海岸で行われた。雨の中、島内の四つの村が島独特のハーリー競漕(きょうそう)「パーレークイ」やミーラク(弥勒)行列などを奉納、ことしの豊作に感謝するとともに来年の世果報を祈願した。会場は多くの住民や観光客でにぎわいを見せた。

 パーレークイは、各村代表の走者(ウーニー)が浜辺で長老から杯を受けた後、舟に向かって疾走するところからスタート。乗船後、沖に浮かべた「フキ」というデイゴの木を取って岸に戻り、ウーニーが長老の元に到着する順位を競う行事で、ことしは宮里村が仲本村に勝利し、東筋村と保里村は引き分けとなった。

 宮里村のウーニー4度目の亀田和成さん(38)は「息のあった船こぎが勝因。黒島のハーリー船は20人乗りと大きく、自然の海岸で行っている。今後もこの規模を維持してほしいが、後継者育成が課題」と話した。

 このほか、村の郷友会がミーラクやガッキブドゥンなどを奉納。黒島小中学校の児童生徒と教員が笠ブドゥンやコームッサを、郷友会と公民館が合同で棒術を披露した。村々で力を合わせてニライカナイの幸福とともに船を陸へ揚げる「ユー揚げ」で締めくくった。

 祭りの願い(ニンガイ)は20日、島内唯一の現役の司である又吉恵美さん(74)が行った。

関連記事

浦幌滞在の「参考書」完成 「リペリエンス」がパンフ作製

 浦幌町で総合旅行業などを手掛ける「リペリエンス」(小松輝代表)は、ジャバラ折りの観光パンフレットを作製した。「かしこと浦幌町」の表題で20代女性の滞在記を中心に、写真も多用してまちの魅力を紹介し...

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク