全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

パーレークイに歓声 多彩な芸能で世果報願う 黒島豊年祭

パーレークイで舟から下り、長老に向かって走りだす宮里村のウーニー(走者)=22日午後、黒島宮里海岸

 【黒島】黒島公民館(又吉英伸館長)の2018年豊年祭が22日、宮里海岸で行われた。雨の中、島内の四つの村が島独特のハーリー競漕(きょうそう)「パーレークイ」やミーラク(弥勒)行列などを奉納、ことしの豊作に感謝するとともに来年の世果報を祈願した。会場は多くの住民や観光客でにぎわいを見せた。

 パーレークイは、各村代表の走者(ウーニー)が浜辺で長老から杯を受けた後、舟に向かって疾走するところからスタート。乗船後、沖に浮かべた「フキ」というデイゴの木を取って岸に戻り、ウーニーが長老の元に到着する順位を競う行事で、ことしは宮里村が仲本村に勝利し、東筋村と保里村は引き分けとなった。

 宮里村のウーニー4度目の亀田和成さん(38)は「息のあった船こぎが勝因。黒島のハーリー船は20人乗りと大きく、自然の海岸で行っている。今後もこの規模を維持してほしいが、後継者育成が課題」と話した。

 このほか、村の郷友会がミーラクやガッキブドゥンなどを奉納。黒島小中学校の児童生徒と教員が笠ブドゥンやコームッサを、郷友会と公民館が合同で棒術を披露した。村々で力を合わせてニライカナイの幸福とともに船を陸へ揚げる「ユー揚げ」で締めくくった。

 祭りの願い(ニンガイ)は20日、島内唯一の現役の司である又吉恵美さん(74)が行った。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク