全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

イヌサフラン食べ死亡 球根をイモと誤り 十勝

 帯広保健所は23日、十勝管内で80代女性が有毒植物「イヌサフラン」による食中毒で14日に死亡したと発表した。自宅の庭に植えていたイヌサフランの球根をイモと間違い採取・調理して食べた。管内で住民が有毒植物の誤食で死亡するのは初めて。

有症者の自宅敷地内で確認されたイヌサフランの球根(帯広保健所提供)

自宅庭で採取し調理
 保健所によると、女性は12日に球根を食べ、下痢、腹痛などの症状が出た。13日に医療機関に救急搬送されたが、14日に死亡した。

 女性の自宅にイヌサフランが生えていたこと、同植物から有毒成分のコルヒチンが検出されたこと、症状がコルヒチンの中毒症状と一致したことから、イヌサフランの食中毒と断定した。

 十勝管内で有毒植物による食中毒が発生した事例は、1990年以降で2件。95年に音更町で「チョウセンアサガオ」を「モロヘイヤ」と誤って食べたケースと、15年に帯広市で「スイセン」を「ニラ」と誤って食べた事例だが、いずれも死亡には至っていない。

 帯広保健所は「イヌサフランはギョウジャニンニクとよく似た植物で春の山菜採りの季節に誤食が起きやすいが、この時期から秋に向かって球根が大きく膨らむ。今回のようにイモと取り違える危険もあるので、野草や球根を自分で採取して食べたり、人にあげたりするのは避けてほしい」(塚本久美子生活衛生課長)と強く呼び掛けている。

保健所が注意喚起
 山菜採りなどで自ら採取した有毒植物を食用と間違えて誤って食べてしまい、食中毒が発生する事例は、過去にも道内で数多く起きている。

 全道では、過去6年間で10件の食中毒が発生し、5人が死亡した。この中には、今年4月に岩見沢市で「イヌサフラン」を「ギョウジャニンニク」と誤って食べた70代男性が死亡したケースも含まれる。

 イヌサフランは観葉植物として、園芸店などでも球根が売られている。ただ、誤って葉や球根を食べてしまうと、嘔吐(おうと)、下痢、皮膚の知覚減退、呼吸困難などの中毒症状が出る。重症の場合は死亡する場合もある。

 誤食は山菜採りに限らず、高齢者が自宅の庭に生えた「ギョウジャニンニクのようなもの」、「イモのようなもの」を採取して食べてしまうことでも起きている。

 厚生労働省や保健所は、有毒植物による食中毒を防止するため、「山野草や球根の採取はプロにまかせ、自身では『取らない』『食べない』『あげない』を徹底してほしい」と注意喚起している。

関連記事

大樹の「宇宙観光」連携 日本旅行と町、スペースコタン

 日本旅行(東京)、大樹町、SPACECOTAN(スペースコタン、同町)の3者は7月、宇宙のまちづくりをテーマにパートナーシップ協定を締結する。日本旅行のノウハウを生かし「宇宙観光」を振興する。7...

北羽新報社

甘くみずみずしく 能代市で「白神きゃべつ」収穫盛ん

 能代市で、初夏取りキャベツの収穫が行われている。JAあきた白神によると「今年は玉のそろいが良く、収穫は順調に進んでいる」といい、現在は作業が終盤。各地の農家が梅雨空の中で汗を流している。新たに...

宇部日報社

厚狭秋まつりで披露されている古式行事を体験する会

 山陽小野田市の無形民俗文化財で、厚狭秋まつり(11月)で披露されている古式行事を体験する会が25日、厚狭地区複合施設体育館で開かれた。厚狭小の放課後子ども教室の1~6年生24人が参加。独特の踊...

長野日報社

養蚕 高品質な繭へ「上蔟」作業 長野県岡谷市

養蚕や桑栽培に取り組む長野県岡谷市川岸上の三沢区民農園は27日、飼育してきた春蚕4万頭の上蔟を同農園の蚕室で行った。十分に成熟して繭糸を吐き出すタイミングになった蚕を、繭を作らせるための蔟に移...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク