全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

イヌサフラン食べ死亡 球根をイモと誤り 十勝

 帯広保健所は23日、十勝管内で80代女性が有毒植物「イヌサフラン」による食中毒で14日に死亡したと発表した。自宅の庭に植えていたイヌサフランの球根をイモと間違い採取・調理して食べた。管内で住民が有毒植物の誤食で死亡するのは初めて。

有症者の自宅敷地内で確認されたイヌサフランの球根(帯広保健所提供)

自宅庭で採取し調理
 保健所によると、女性は12日に球根を食べ、下痢、腹痛などの症状が出た。13日に医療機関に救急搬送されたが、14日に死亡した。

 女性の自宅にイヌサフランが生えていたこと、同植物から有毒成分のコルヒチンが検出されたこと、症状がコルヒチンの中毒症状と一致したことから、イヌサフランの食中毒と断定した。

 十勝管内で有毒植物による食中毒が発生した事例は、1990年以降で2件。95年に音更町で「チョウセンアサガオ」を「モロヘイヤ」と誤って食べたケースと、15年に帯広市で「スイセン」を「ニラ」と誤って食べた事例だが、いずれも死亡には至っていない。

 帯広保健所は「イヌサフランはギョウジャニンニクとよく似た植物で春の山菜採りの季節に誤食が起きやすいが、この時期から秋に向かって球根が大きく膨らむ。今回のようにイモと取り違える危険もあるので、野草や球根を自分で採取して食べたり、人にあげたりするのは避けてほしい」(塚本久美子生活衛生課長)と強く呼び掛けている。

保健所が注意喚起
 山菜採りなどで自ら採取した有毒植物を食用と間違えて誤って食べてしまい、食中毒が発生する事例は、過去にも道内で数多く起きている。

 全道では、過去6年間で10件の食中毒が発生し、5人が死亡した。この中には、今年4月に岩見沢市で「イヌサフラン」を「ギョウジャニンニク」と誤って食べた70代男性が死亡したケースも含まれる。

 イヌサフランは観葉植物として、園芸店などでも球根が売られている。ただ、誤って葉や球根を食べてしまうと、嘔吐(おうと)、下痢、皮膚の知覚減退、呼吸困難などの中毒症状が出る。重症の場合は死亡する場合もある。

 誤食は山菜採りに限らず、高齢者が自宅の庭に生えた「ギョウジャニンニクのようなもの」、「イモのようなもの」を採取して食べてしまうことでも起きている。

 厚生労働省や保健所は、有毒植物による食中毒を防止するため、「山野草や球根の採取はプロにまかせ、自身では『取らない』『食べない』『あげない』を徹底してほしい」と注意喚起している。

関連記事

苫小牧 三星 カナダ産ハスカップ初輸入 道産品年々減少安定供給へ

苫小牧市糸井のパン菓子製造・三星は、良質なハスカップを安定して確保しようと、カナダ産を初めて輸入した。果実不足で販売を休止した商品の復刻や、新商品の開発に活用する方針で、「よいとまけ」などの看板商...

荘内日報社

200人力合わせ飛島をきれいに

 本県唯一の離島・飛島の自然豊かな環境を守ることを目的とした清掃活動「飛島クリーンアップ作戦」が25日、島内の荒崎海岸一帯で行われ、酒田市内外から参加したボランティア有志や島民計約200人が散乱した漂着...

クマ用スプレー貸し出します 高額、飛行機持ち込み不可…不便多く 帯広

 大雪山系の豊かな自然と十勝に魅せられた東京都の会社員白岩慎隆(のりたか)さん(51)が、登山者向けにクマ撃退スプレーのレンタル事業を始める。スプレーの飛行機持ち込みに制限があることなど自身の感じ...

宇部日報社

住吉まつりに3万人 47団体が踊りや太鼓で盛り上げ【山陽小野田】

 第13回「復活!住吉まつり」は26日、山陽小野田市東住吉町の住吉神社をメイン会場に開かれた。青天の下、恒例のパレードやステージイベントに加えて周辺施設でも多彩なイベントが行われ、約3万人(...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク