全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

恐竜の化石修復体験

豊橋市自然史博物館で実物を使い

 恐竜の実物化石の修復体験が22日、豊橋市自然史博物館であり、抽選で選ばれた静岡県浜松市東区の市原厳さん(57)一家が、ゴーグルを装着しながら学芸員が使う道具で破片の接着などを試みた。  修復した化石は、現在開催中の特別企画展「体感!恐竜ワールド」で展示する中生代白亜紀のトリケラトプスの腰骨(長さ75㌢、重さ約30㌔)。一般人による実物の恐竜化石の修復作業は全国的にも珍しいという。  作業は、イントロホールに設置したブースの中で、来場者に見られながら実施。中学2年の万奈さん(13)と小学2年の弟・瑠人君(8)の2人は、注意深く目を凝らしながらエアスクライパーなどを使い、化石についた岩石や石こうを削り取った。途中、動物化石を研究する同館学芸員の一田昌宏さんから「何時間も作業していると終わっても手が震えている感覚になる」などの話を聞き、作業の大変さも知った。  283組の応募者からチャンスを射止めた一家。恐竜好きの万奈さんは「作業ができると聞いて信じられなかった。岩石を削る作業は特に細かくて大変だったが、楽しくできました」とうれしそうに話した。  同館では31日まで、特別企画展観覧者を対象にエドモントサウルスの本物の化石修復体験の応募を受け付けている。

関連記事

児童が豊川海軍工廠の戦争遺構を巡る

演劇テーマを代田小の校外学習  豊川市立代田小学校(小島修校長)の6年生児童78人が18日、平和校外学習に臨んだ。11月10日に25回目を迎える演劇「ああ、豊川海軍工廠(しょう)」の発表を控えており、劇の...

紀伊民報社

534人が申し込み すさみで自転車イベント

 和歌山県すさみ町周参見の海水浴場を発着点に21日開かれる自転車イベント「ライドオンすさみ」(大会実行委員会主催、紀伊民報など後援)は、2部門で全国から計534人の参加申し込みがあった。実行委は...

荘内日報社

全長272㍍「羽黒山橋」つながる

 2020年度の羽黒山バイパス(約3・2㌔)供用開始を目指し建設が進められている鶴岡市羽黒町手向の主要地方道鶴岡羽黒線「羽黒山橋」(仮称)の橋桁締結式が17日、現地で行われ、全長272㍍の橋がつながった。 ...

宇部日報社

やまぐち健康維新キックオフ

 山口県の新たな健康づくりへの取り組み「やまぐち健康維新」のキックオフイベントが17日、山口ゆめ花博会場(多目的ドーム)で開かれた。村岡嗣政知事が「やまぐち県民一斉健康宣言」で、楽しく、無理なく...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク