全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

恐竜の化石修復体験

豊橋市自然史博物館で実物を使い

 恐竜の実物化石の修復体験が22日、豊橋市自然史博物館であり、抽選で選ばれた静岡県浜松市東区の市原厳さん(57)一家が、ゴーグルを装着しながら学芸員が使う道具で破片の接着などを試みた。  修復した化石は、現在開催中の特別企画展「体感!恐竜ワールド」で展示する中生代白亜紀のトリケラトプスの腰骨(長さ75㌢、重さ約30㌔)。一般人による実物の恐竜化石の修復作業は全国的にも珍しいという。  作業は、イントロホールに設置したブースの中で、来場者に見られながら実施。中学2年の万奈さん(13)と小学2年の弟・瑠人君(8)の2人は、注意深く目を凝らしながらエアスクライパーなどを使い、化石についた岩石や石こうを削り取った。途中、動物化石を研究する同館学芸員の一田昌宏さんから「何時間も作業していると終わっても手が震えている感覚になる」などの話を聞き、作業の大変さも知った。  283組の応募者からチャンスを射止めた一家。恐竜好きの万奈さんは「作業ができると聞いて信じられなかった。岩石を削る作業は特に細かくて大変だったが、楽しくできました」とうれしそうに話した。  同館では31日まで、特別企画展観覧者を対象にエドモントサウルスの本物の化石修復体験の応募を受け付けている。

関連記事

荘内日報社

親子連れら掘削現場見学 日沿道「朝日温海道路」の大岩川トンネル

 日本海沿岸東北自動車道(日沿道)の「朝日温海道路」で、掘削工事が進む大岩川トンネル(仮称、延長1016㍍)の工事見学会が24日、鶴岡市大岩川地内の現地で行われた。庄内各地から親子連れらが参加し、日沿道...

紀伊民報社

マグロ大物386キロ

 日本有数の生マグロの水揚げ量で知られる和歌山県那智勝浦町の勝浦漁港に25日、重さ386キロ(全長262センチ)のクロマグロが水揚げされた。21日に水揚げされた308キロ(同236センチ)を超え...

「なつぞら」商品続々 限定ポテトチップス 士幌高生も協力

 NHK連続テレビ小説「なつぞら」の放送開始を控え、カルビー(東京)は作品の舞台となる十勝産が原料のポテトチップスじゃがバター味、焼きとうもろこし味を期間限定で全国発売する。士幌高校農業クラブの生...

宇部日報社

SLやまぐち号出発、春の観光シーズン幕開け

 SLやまぐち号の運行開始に合わせ23日、山口市小郡のJR新山口駅で記念イベントが開かれた。1979年8月に山口線に投入されて以来40周年を迎えた今年のSL運行を、県内外のファンらが祝った。山口...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク