全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

やっと夏本番 ビアガーデンやイカダくだり 十勝

 十勝地方は21日に帯広が道内一の暑さとなるなど夏らしさが戻り、まちもこの時期の風物詩でにぎやかさを増している。22日には河川の増水で延期されていた「第46回十勝川イカダ下り」が行われ、48チームが趣向たっぷりの手作りイカダで涼を満喫。長雨で客足が遠のいていた帯広市内のビアガーデンも混み合い、活気を見せている。

ユニークなコスチュームでイカダ下りを楽しむ参加者(十勝川すずらん大橋付近で)

ユニーク衣装でイカダ下り
 十勝川イカダ下り(実行委員会主催)は当初予定されていた8日が大雨と水位上昇で延期となり、2週間ずれ込んでの開催に。時折、晴れ間も見られ、参加者は雄大な自然を満喫しながら涼を取った。

 すずらん大橋下流中州を起点に、十勝川温泉中央大橋下流を目指す全長約10キロのコース。楽しさが伝わる創作仮装イカダ大賞など複数の賞が用意された。

 管内外から48チーム約240人が参加。午前8時半からの開会式では藤堂博実行委員長が「十勝川でこれだけのイベントができるのは貴重。自然を五感で感じながら、川に親しみ、水辺のにぎわいにつなげられたら」とあいさつした。

 昨年、優秀賞に輝いたチーム「雪の舞」は「リメンバーぴょんちゃん号」に7人で搭乗。平昌五輪のパシュート日本代表をほうふつとさせるユニホーム姿の3人がスケートの動きを披露した。同チームの篠田博之キャプテンは「十勝の誇りである高木姉妹の感動をもう一度。楽しみながら下りたい」と話した。

 延期の影響で参加者は登録時から約3割減となったが、衣装を統一するなど趣向を凝らした演出で盛り上がった。

屋上のビアガーデンもほぼ満席に(プレミアホテルキャビン帯広)

いざ、ビアガーデン
 市内中心部のプレミアホテルキャビン帯広(西1南11)の屋上では、夏恒例のビアガーデンが活況。週末の20、21日はほぼ満席となる130人以上の予約があり、22日も例年並みの予約が入っているという。

 今季オープン当初は悪天候が続き、営業できない日が多かったが、今週に入って天候が回復し、来場者の数が戻ってきている。23日以降の予約も既に入っており、同ホテル料飲係長の伊豆倉上総さんは「にぎわいが戻ってきた。やっと帯広の夏が始まった」と笑顔を見せる。

 ビアガーデンの利用者は平日はサラリーマン、土・日曜は女性や家族が多く、週末は午後7時をすぎると席が埋まる。夕日の見られる午後6時半ごろがお勧めだという。

関連記事

北羽新報社

3年ぶり能代山本の実年の球宴 「400歳野球大会」開幕

 第80回400歳野球大会(北羽新報社主催)は25日、能代市の赤沼球場、八峰町の峰浜野球場で開幕した。コロナ禍で2年延期され3年ぶりの開催となり、前回より10チーム少ない42チームがエントリーし、実年球児...

長野日報社

選手700人鉄人レース トライアスロン大会 長野県諏訪6市町村

 長野県諏訪6市町村を巡るスワコエイトピークスミドルトライアスロン大会2022(県、諏訪6市町村、商工会議所・商工会、長野日報社、日本トライアスロン連合でつくる実行委員会主催)は25日、諏訪湖畔...

紀伊民報社

ビーチラグビー開幕 44チームが熱戦

 和歌山県白浜町の白良浜海水浴場で25日、第25回ビーチラグビー白浜大会(実行委員会など主催)が開幕した。新型コロナの影響で中止していたため、3年ぶりの開催となる。10都府県から3部門に計44チ...

荘内日報社

創立60周年節目祝う 羽黒学園 羽黒高校

 鶴岡市の羽黒高校(加藤和司校長、生徒766人)で23日、同校の創立60周年記念式典が行われ、在校生や教職員などが節目の年を祝った。  同校は1962(昭和37)年に羽黒工業高校として創立。89(平成元)年に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク