全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「市場まつり」5年ぶり復活 十勝の台所が地域還元 帯広

 帯広地方卸売市場(帯広市西21北1、高橋正行社長)で8月26日、「市場まつり」が5年ぶりに開かれる。毎回約1万人の来場者を集めた人気イベントの復活となる。復活記念として「特製海鮮丼」を数量限定で格安販売、その購入者を対象にしたお楽しみ抽選会も目玉だ。

目玉の特製海鮮丼を手に、まつり復活をアピールする(左から)黒川組合長と太田取締役

 主催は帯広地方卸売市場と同市場買受人組合(黒川義雄組合長、69人)。「市場」を身近に感じてもらおうと2001年から年1回開催してきたが、「マンネリ化」などを理由に13年を最後に中止していた。

 昨年就任した高橋社長の「長年十勝で商売させてもらっている。毎回約1万人が来てくれる人気イベントを再び開き、地域に還元したい」との思いを受け、内部で検討を進め、新年度に入り復活を決めた。

 開催時間は午前9時~午後1時。人気だった生マグロの解体実演や、ゆでガニ販売、管内JAによる野菜の直売コーナー、競り体験、帯広物産協会会員による出店などを展開する。ヒップホップダンスのステージイベントもある。

 中でも、買受人組合が担当する「特選海鮮丼」の販売は初の試み。本マグロ2切れ、ボタンエビ2尾など8種類の具が入ったもので700円。300食の限定で、「市場の食堂で出している海鮮丼をさらにグレードアップして価格も安く設定した」と太田茂夫取締役(魚担当)は話す。お楽しみ抽選券付きで、海産物や果物などが当たる。

 黒川組合長(音更、クロカワ社長)は「十勝の食を預かっている市場。多くの皆さんに役割を知ってほしいし、会場に来てほしい」と話している。問い合わせは同市場(0155・37・3333)へ。

関連記事

長野日報社

真っ赤な大粒イチゴ みはらしいちご園で出荷開始

 長野県伊那市西箕輪のみはらしいちご園でイチゴの収穫・出荷が始まった。羽広いちご生産組合(井踏岩夫組合長)の生産者が、ハウス内で育てた真っ赤な大粒をパックに詰めて地域の農産物直売所に出荷している...

豊川稲荷でいなり寿司フェスタ

 豊川市と豊川市観光協会は8日、豊川稲荷境内で「第10回豊川いなり寿司フェスタ」と、豊川いなり寿司のイメージキャラクター「いなりん」の9歳の誕生日を祝う会を開いた。10月から開催中の愛知ディスティネー...

十勝産のコラボ弁当 帯広南商と福原 販売

 スーパーを展開する福原(帯広、福原郁治社長)が帯広南商業高校クッキング部(村井彩花部長、28人)と共同開発した「十勝をまるっともぐもぐ弁当」。9日まで数量限定で販売するフクハラの市内8店舗の...

そば簾お目見え 新得町で年越し用ピーク

 そばどころの新得町で、年越し・歳暮用のそば作りがたけなわだ。道内大手の新得物産(町基線104、清水輝男社長)では、製麺工場の乾燥室に見事な「そば簾(すだれ)」がお目見えし、年の瀬の風情を漂わせ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク