全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

縄跳びで世界大会へ 田辺高校生

世界ロープスキッピング選手権大会に出場する中井慧君(左)と山本奨偉君、全日本選手権2位の中島野乃世さん

 和歌山県田辺市にある田辺高校3年生の山本奨偉君(17)と中井慧君(17)が縄跳びの3重跳びで「2018世界ロープスキッピング選手権大会」に出場する。2人は「自己ベストを更新し、上位を目指したい」と意気込んでいる。大会は23日から中国・上海で開催される。

 山本君は昨年12月の全日本選手権3重跳び男子14~18歳の部で238回を跳び1位、中井君は164回で3位だった。  世界大会でのメダル獲得には300~400回が必要という。山本君は「300回超えで、メダルを狙いたい」、中井君は「200回を超えたい」と話している。  ともに小学1年生から縄跳びを始めた。中学校で知り合い、ライバルとして記録を競い合ってきた。中学3年生の時に、全日本選手権の存在を知り、そろって出場。山本君は2位で翌年の世界大会に出場した。  高校でも山本君は柔道部、中井君は硬式テニス部で活動しながら、縄跳びを継続。2年に1回の世界大会出場を目指して、練習を重ねてきた。掛け持ちは大変だが、足腰が鍛えられ、部活にも好影響があったという。  2人は「縄1本でいろんな技に挑戦できるのが魅力。1人でも団体でもできる。他の種目でも世界を目指したい」と話している。  2人と練習する田辺高校3年生の中島野乃世さん(17)は全日本選手権の3重跳び女子14~18歳で87回跳び、2位。世界大会出場権を得たが、就職試験を控えているため、辞退した。「2人とも本当にすごい。世界大会でベストを出してくれたらうれしい」とエールを送った。

関連記事

北羽新報社

3年ぶり能代山本の実年の球宴 「400歳野球大会」開幕

 第80回400歳野球大会(北羽新報社主催)は25日、能代市の赤沼球場、八峰町の峰浜野球場で開幕した。コロナ禍で2年延期され3年ぶりの開催となり、前回より10チーム少ない42チームがエントリーし、実年球児...

長野日報社

選手700人鉄人レース トライアスロン大会 長野県諏訪6市町村

 長野県諏訪6市町村を巡るスワコエイトピークスミドルトライアスロン大会2022(県、諏訪6市町村、商工会議所・商工会、長野日報社、日本トライアスロン連合でつくる実行委員会主催)は25日、諏訪湖畔...

紀伊民報社

ビーチラグビー開幕 44チームが熱戦

 和歌山県白浜町の白良浜海水浴場で25日、第25回ビーチラグビー白浜大会(実行委員会など主催)が開幕した。新型コロナの影響で中止していたため、3年ぶりの開催となる。10都府県から3部門に計44チ...

荘内日報社

創立60周年節目祝う 羽黒学園 羽黒高校

 鶴岡市の羽黒高校(加藤和司校長、生徒766人)で23日、同校の創立60周年記念式典が行われ、在校生や教職員などが節目の年を祝った。  同校は1962(昭和37)年に羽黒工業高校として創立。89(平成元)年に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク