全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

高値でもウナギ人気 土用の丑の日 帯広

香ばしい香りを漂わせながら、次々と焼き上げられていくウナギのかば焼き(ダイイチ東店で)

 「土用の丑(うし)の日」の20日、帯広市内の飲食店やスーパーでは、ウナギを焼く香ばしい匂いが立ち込めた。高止まりが続くウナギ価格は今年も上昇傾向で、前年より1~2割ほど高く推移。それでも、ようやく暑さが本格化した夏を乗り越えようと、買い求める人が相次いだ。小売関係者は、来年も値上げは避けられないと見込んでいる。

 今年は養殖用のニホンウナギ稚魚が記録的な不漁で、価格は上昇。飲食店に活ウナギを卸す北鰻(帯広、坂本芳春社長)によると、卸価格は2割程度上がっている。このため、土用の丑前後の出荷量は2割ほど下がると見込む。消費者のウナギ離れを懸念し、利益幅を抑えて提供する坂本社長は「少しでも多くの人に食べてほしい」と話す。

 関係者によると、卸価格上昇を受け値上げした飲食店もあるが、「ウナギは利益を期待せず、風物詩として来店者に満足してもらうため提供している」とし、据え置く店は多いという。

 スーパーのダイイチは、国産ウナギ長焼きが2850円(予約価格)など1割ほど値上げしたが、内容量を増やしてグラム当たりの単価は維持した。予約数は微増し、中国産より高価な国産が9割を占めており、同社は「土用の丑にはきちんとした国産ウナギを食べたいとの意識は根強い」とする。同社は18日から3日間、各店舗前でウナギを炭火で焼き上げて提供。20日も午前中から多くの人が買い求めた。

 小売店はウナギ価格上昇前に買い付けたため、今年の値上げ幅を抑制できた側面がある。稚魚の不漁は続いていることから、複数の関係者は「来年は大幅な値上げは避けられないのでは」とため息をつく。

 ここ数年、価格は高止まりしているが、2017年は稚魚数量が比較的安定し、卸価格は前年比1割程度安くなっていた。

関連記事

北羽新報社

3年ぶり能代山本の実年の球宴 「400歳野球大会」開幕

 第80回400歳野球大会(北羽新報社主催)は25日、能代市の赤沼球場、八峰町の峰浜野球場で開幕した。コロナ禍で2年延期され3年ぶりの開催となり、前回より10チーム少ない42チームがエントリーし、実年球児...

長野日報社

選手700人鉄人レース トライアスロン大会 長野県諏訪6市町村

 長野県諏訪6市町村を巡るスワコエイトピークスミドルトライアスロン大会2022(県、諏訪6市町村、商工会議所・商工会、長野日報社、日本トライアスロン連合でつくる実行委員会主催)は25日、諏訪湖畔...

紀伊民報社

ビーチラグビー開幕 44チームが熱戦

 和歌山県白浜町の白良浜海水浴場で25日、第25回ビーチラグビー白浜大会(実行委員会など主催)が開幕した。新型コロナの影響で中止していたため、3年ぶりの開催となる。10都府県から3部門に計44チ...

荘内日報社

創立60周年節目祝う 羽黒学園 羽黒高校

 鶴岡市の羽黒高校(加藤和司校長、生徒766人)で23日、同校の創立60周年記念式典が行われ、在校生や教職員などが節目の年を祝った。  同校は1962(昭和37)年に羽黒工業高校として創立。89(平成元)年に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク