全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

あんかけ焼きそば登場 芽室の味第2弾 まず7店

第2弾「芽室あんかけ焼きそば」。特製麺とゴボウを使う以外は各店舗で味も見たも異なる(写真はいちぜん)

 十勝芽室コーン炒飯(チャーハン)地域活性化協議会(高橋広明会長)がコーン炒飯のデビュー10周年を記念して開発した新グルメ「芽室あんかけ焼きそば」が、17日から町内の飲食店7店で提供されている。町民に愛されてきたコーン炒飯に続く第2のご当地グルメとして話題を呼びそうだ。

 新グルメの主役は「ゴボウと小麦」。芽室産小麦100%の特製中太麺と芽室が作付面積全道一のゴボウを具材に使うことが条件。味も見た目も各店で異なり、「未来めむろうし」のバラ肉や芽室産野菜を具材にしたり、ゴボウをチップにしたりペーストにしたりとそれぞれのこだわりが光る。価格は756~1000円。

 「のみくい処いちぜん」(東1ノ4、山川真範店主)はきんぴらごぼうを上に載せてシンプルに仕上げた。18日夜に来店した町内の加納優次さん(40)は「おいしいです。他の店のも食べてみたい」と話していた。

 当面は7店舗で提供し、この他1店が提供開始時期を調整中。高橋会長は「各店舗の食べ比べを楽しんでもらえれば」と話している。

<芽室あんかけ焼きそば提供店>
▽のみくい処いちぜん ▽和食と焼肉すず喜 ▽焼肉KAGURA ▽レストランHIRO ▽あずまや心菜 ▽izakayaこころ。 ▽ファミリーとんかつの店あかずきん(宴会のみの提供) ▽新嵐山荘(開始時期未定)

関連記事

紀伊民報社

龍神産そば粉使用 ハンバーガーやクッキー

 和歌山県田辺市龍神村柳瀬の産品直売所「村の爺婆(じじばば)の店 まあはいらんせ」が、夏の行楽シーズンに合わせて、地元産のソバを用いたハンバーガー、たい焼き、クッキーの新商品を売り出した。  ...

長野日報社

八ケ岳生とうもろこし 「諏訪の国」第1号商品

 諏訪地方観光連盟(会長・金子ゆかり諏訪市長)は7月31日、観光地域ブランド「諏訪の国」第1号商品の認定式とオリジナルメニューの発表会を東京都内のレストランで開いた。諏訪エリア観光特使を務め...

水耕メロン道内初成功 バイオガス余剰熱で 新得

 道内有数規模のメガファーム「友夢牧場」(町上佐幌基線108、植田昌仁社長)のハウス内で、頭上の棚からメロンが鈴なりに垂れる珍しい光景が広がっている。1株に数十個もなる上に、甘みも強いという画期的...

清水の十勝若牛 カツサンドに 新千歳で来月発売

 JA十勝清水町(串田雅樹組合長)は、菓子メーカーのもりもと(千歳市、森本吉勝社長)と弁当チェーンを展開するアイチフーズ(札幌市、森谷明弘社長)と連携し、十勝若牛の空弁カツサンドを開発した。8月1...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク