全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

高校生がおもてなし

 英国船籍の大型クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」(11万6000総トン、乗客定員2700人)が17日、酒田市の酒田港古湊埠頭(ふとう)に寄港した。今月1日に次いで2回目で、大勢の外国人客が中心市街地に繰り出し、中町モールでは地元高校生が自分たちで企画した日本文化体験のプログラムなどが好評を博した。

 前回同様、乗客の大半は欧米を中心にした外国人。午前7時の寄港から午後4時の出港まで、約半数が船会社の企画によるバスツアーで羽黒山など周辺観光地に出掛け、残りの多くはシャトルバスで酒田市の中心市街地に繰り出した。

 中町モールには市や関連団体が前回同様に「クルーズカフェ&マーケット」を開設。着物や甲冑(かっちゅう)の着付け、模造刀による居合抜きの各体験、飲食ブースなどを設けたほか、新たに酒田光陵高ビジネス流通科の1―3年生107人と酒田南高空手道部の30人がもてなし役を買って出た。

 このうち光陵高の生徒は、日本文化体験コーナーを開設。外国人が自分の名前を漢字で書く書道と、抹茶をたてて飲む茶道の両体験コーナーで、ひっきりなしに客が訪れる盛況ぶり。生徒たちは茶せんを使う時に「ベリー・クイックリー(とても速く)」などと身ぶり手ぶりを交えてコミュニケーションを交わしながら、和気あいあいとした雰囲気でもてなした。また、酒南高空手道部の生徒たちは組手の基本的な稽古を披露。「ヤー」と鋭い掛け声で突きや蹴りを繰り出す様子を、たくさんの外国人客たちが興味深そうに見入った。光陵高生たちは数人ずつ各商店街や観光スポットに散らばり、道案内も行った。

 ともに光陵高ビジネス流通科2年で、日本文化体験を担当した齋藤大鳳さん(16)は「英語での会話は難しいが、相手にも楽しんでもらい、自分たちも楽しく、とても良い体験になった」、前田梨夢さん(17)は「難しい単語を使わなくても、身ぶり手ぶりで何となくコミュニケーションができた。とても楽しかった」と話した。茶道の体験料150円の収益金は西日本豪雨の被災者支援に送る予定。

 酒田市交流観光課では「前回も酒田のもてなしは好評だった。反省点を踏まえ、少しずつ新たな試みを取り入れた。特に高校生の企画は予想以上に好評で、こうした成功体験を積み重ね、より良いおもてなしで酒田ファンを増やしていきたい」としている。

下船した外国人客たちと日本文化体験で交流する酒田光陵高の生徒たち=中町モール(上)空手の稽古を披露した酒田南高空手道部の生徒たち=中町モール

関連記事

長野日報社

南ア登山の安全祈願 北沢峠で3年ぶり長衛祭 長野県伊那市長谷

 南アルプスの開拓者、竹澤長衛(1889~1958年)をしのぶ「第64回長衛祭」(同実行委員会主催)の碑前祭は25日、長野県伊那市長谷と山梨県南アルプス市境の北沢峠(標高2032メートル)で、3年...

北羽新報社

3年ぶり能代山本の実年の球宴 「400歳野球大会」開幕

 第80回400歳野球大会(北羽新報社主催)は25日、能代市の赤沼球場、八峰町の峰浜野球場で開幕した。コロナ禍で2年延期され3年ぶりの開催となり、前回より10チーム少ない42チームがエントリーし、実年球児...

長野日報社

選手700人鉄人レース トライアスロン大会 長野県諏訪6市町村

 長野県諏訪6市町村を巡るスワコエイトピークスミドルトライアスロン大会2022(県、諏訪6市町村、商工会議所・商工会、長野日報社、日本トライアスロン連合でつくる実行委員会主催)は25日、諏訪湖畔...

紀伊民報社

ビーチラグビー開幕 44チームが熱戦

 和歌山県白浜町の白良浜海水浴場で25日、第25回ビーチラグビー白浜大会(実行委員会など主催)が開幕した。新型コロナの影響で中止していたため、3年ぶりの開催となる。10都府県から3部門に計44チ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク