全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

貸自転車の利用2割増 帯広駅新バス待合所開業で

 JR帯広駅前で貸し出されているレンタサイクルの利用が好調だ。5月に駅前の待合所「バスターミナルおびくる」がオープンして以降、利用者が急増。観光案内の機能も持ち合わせる施設で貸し出しを行うことで、利便性の向上やPRにつながったとみられる。

おびくるがオープンしてから利用者が増えているレンタサイクル

 レンタサイクルは一般社団法人交通環境まちづくりセンター(帯広)が実施。昨年度から帯広観光コンベンション協会のレンタサイクル事業も受託し、一体的に運営している。おびくるにレンタサイクル事業の受付窓口「エコバスセンターりくる」を設け、貸し出しを行っている。

 毎年ゴールデンウイーク初日の4月下旬から11月初めまで利用が可能。りくるによると、6月までの利用者は、昨年は4月29人、5月189人、6月190人の計408人。今年は4月42人、5月173人、6月266人の計481人で昨年度に比べて約2割増。4、5月は昨年と大差ないが、6月に入って大きく数字を伸ばした。

 5月下旬にオープンしたおびくるでは、スノーピーク社の製品の展示や十勝管内の各市町村のパンフレットも並べるなどアウトドア観光案内の機能を兼ね備えている。そのため、観光客を誘導しやすくレンタサイクルのPRにもつながっている。りくるの担当者は「観光バスを降りてからすぐ借りられるので、利用者にとって分かりやすくなったのも要因」とする。

 利用者の動向では、観光客には十勝川温泉や柳月スイートピアガーデンなど遠方への利用が多い。一方、市民や管内の利用者も一定程度おり、買い物や仕事などに使われている。料金体系が1時間からのため、短時間利用する人には使いやすいという。

 自転車はシティーサイクルや電動自転車、クロスバイク、ロードバイクなど8種類約40台。料金は自転車の種類によって異なり、1時間100円から。11月4日まで。問い合わせはりくる(0155・23・5920)へ。

関連記事

浦幌滞在の「参考書」完成 「リペリエンス」がパンフ作製

 浦幌町で総合旅行業などを手掛ける「リペリエンス」(小松輝代表)は、ジャバラ折りの観光パンフレットを作製した。「かしこと浦幌町」の表題で20代女性の滞在記を中心に、写真も多用してまちの魅力を紹介し...

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク