全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

田辺を舞台に映画 扇ケ浜でイルカと撮影

イルカのいけすで映画「あいが、そいで、こい」(仮)の撮影が行われた=16日、田辺市扇ケ浜で

 田辺市をロケ地とした映画「あいが、そいで、こい」(仮)の撮影が市内で進んでいる。16日は扇ケ浜海水浴場に設置された特設いけすで、イルカとの共演シーンが撮影された。  海辺の田舎町で10代ならではの悩みを抱える男子高校生が、イルカの調教師を夢見るヒロインと出会うストーリー。2014年の田辺・弁慶映画祭で短編映画「ひとまずすすめ」が最高賞の弁慶グランプリと市民賞をダブル受賞した柴田啓佑監督(34)がメガホンを取っている。映画祭をきっかけに、扇ケ浜でイルカとの触れ合い事業に携わる人たちと知り合い、物語の構想を得たという。  今月2日にクランクイン。市内では5日から、主に扇ケ浜で撮影している。  主演は俳優の髙橋雄祐さん、ヒロインは映画やCMで活躍している女優の小川あんさんが務める。  髙橋さんは「まちの皆さんが歓迎してくれていると感じる。そういう環境の中で撮影できて幸せ」、小川さんは「田辺はとても落ち着く場所。全力で演じているので、見た人の心に残るような作品になってほしい」と語った。  柴田監督は「地元にいると気付きにくい、ありふれたものがいかに幸せかということが映画を通じて伝われば」と話している。  市内での撮影は18日まで続く。作品は11月に東京・新宿のケイズシネマで公開される予定。映画の制作費として、インターネットを通じて資金を募るクラウドファンディングも実施している。

関連記事

浦幌滞在の「参考書」完成 「リペリエンス」がパンフ作製

 浦幌町で総合旅行業などを手掛ける「リペリエンス」(小松輝代表)は、ジャバラ折りの観光パンフレットを作製した。「かしこと浦幌町」の表題で20代女性の滞在記を中心に、写真も多用してまちの魅力を紹介し...

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク