全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

情緒豊かに歌と踊り 野底つぃんだら祭賑わう

地域内外から多くの人が訪れた第15回野底つぃんだら祭=15日夕、野底小学校グラウンド

 石垣島北部の活性化を図る北部三大祭りの一つ、第15回野底つぃんだら祭(同実行委員会主催)が15日夕、野底小学校グラウンドで開かれ、地域内外から訪れた多くの人で賑わった。『つぃんだら節』など野底に伝わる歌や踊りに触れ、先人たちの移住や開拓の歴史も再確認した。

 「つぃんだら節」は、八重山を代表する山「野底マーペー」の由来として伝わる、移住によって引き裂かれた恋人の悲劇を歌った曲。地域内外の8人がステージに立ち、先祖の苦労に思いを馳せながら、情緒豊かに歌い上げた。

 5年前に福岡県飯塚市から石垣島へ移住し、初めて民謡を人前で歌ったという犬丸伸雄さん(67)=新川=は「島の人になりたい、という思いで参加した。次は三線を弾きながら歌えるようになりたい」と笑顔。

 実行委員会の又吉倫要事務局長は「野底は昔も今も移住者が多い。僕らはマーペーと血がつながっているわけじゃないが、先人たちの苦労があって今の野底があることを子どもたちにも伝えていきたい」と思いを語った。

 祭りではそのほか、野底小児童によるエイサーや、ダンスサークル・ハレマルハレパプのタヒチアンダンス、地域住民で結成するバンド「マーペーやからーず」の演奏などが祭りを盛り上げ、最後は打ち上げ花火が夜空を彩った。

 祭りは、2004年の野底小創立50周年記念事業として始まった。2015年度からは、石垣市北部農村集落活性化支援事業を活用し、市街地から無料シャトルバスを出している。北部三大祭りは今後、「人魚の里星野夏祭り」、「明石エイサー祭り」が予定されている。

関連記事

武四郎 功績つぶさ 特別展が開幕 帯広美術館

 「北海道」の命名者として知られる幕末の探検家松浦武四郎(1818~88年)の特別巡回展「幕末維新を生きた旅の巨人 松浦武四郎」が15日、道立帯広美術館で開幕した。初日から大勢の来場者でにぎわい...

長野日報社

アイデアいっぱい実践へ 辰野町ど真ん中作戦会議

 日本の中心に位置する町のPR戦略を考えようと、辰野町と住民が協働で進める「日本のど真ん中作戦会議」は13日夜、第3回会議を町役場で開いた。幅広い世代の参加者約70人が、これまでに発案、仕分けし...

豊川稲荷でいなり寿司フェスタ

 豊川市と豊川市観光協会は8日、豊川稲荷境内で「第10回豊川いなり寿司フェスタ」と、豊川いなり寿司のイメージキャラクター「いなりん」の9歳の誕生日を祝う会を開いた。10月から開催中の愛知ディスティネー...

長野日報社

眠っていた天体望遠鏡を復活 八ケ岳総合博物館で15日に観望会

 茅野市八ケ岳総合博物館の収蔵庫に長年保管され、利用されていなかった天体望遠鏡が復活し、15日午後7時から観望会が同館で開かれる。諏訪地方のアマチュア天文家が所有していてもわずか―とみられる口径...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク