全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

情緒豊かに歌と踊り 野底つぃんだら祭賑わう

地域内外から多くの人が訪れた第15回野底つぃんだら祭=15日夕、野底小学校グラウンド

 石垣島北部の活性化を図る北部三大祭りの一つ、第15回野底つぃんだら祭(同実行委員会主催)が15日夕、野底小学校グラウンドで開かれ、地域内外から訪れた多くの人で賑わった。『つぃんだら節』など野底に伝わる歌や踊りに触れ、先人たちの移住や開拓の歴史も再確認した。

 「つぃんだら節」は、八重山を代表する山「野底マーペー」の由来として伝わる、移住によって引き裂かれた恋人の悲劇を歌った曲。地域内外の8人がステージに立ち、先祖の苦労に思いを馳せながら、情緒豊かに歌い上げた。

 5年前に福岡県飯塚市から石垣島へ移住し、初めて民謡を人前で歌ったという犬丸伸雄さん(67)=新川=は「島の人になりたい、という思いで参加した。次は三線を弾きながら歌えるようになりたい」と笑顔。

 実行委員会の又吉倫要事務局長は「野底は昔も今も移住者が多い。僕らはマーペーと血がつながっているわけじゃないが、先人たちの苦労があって今の野底があることを子どもたちにも伝えていきたい」と思いを語った。

 祭りではそのほか、野底小児童によるエイサーや、ダンスサークル・ハレマルハレパプのタヒチアンダンス、地域住民で結成するバンド「マーペーやからーず」の演奏などが祭りを盛り上げ、最後は打ち上げ花火が夜空を彩った。

 祭りは、2004年の野底小創立50周年記念事業として始まった。2015年度からは、石垣市北部農村集落活性化支援事業を活用し、市街地から無料シャトルバスを出している。北部三大祭りは今後、「人魚の里星野夏祭り」、「明石エイサー祭り」が予定されている。

関連記事

紀伊民報社

「和」の催しで街中活性化  田辺市「ときわ通り」

 和歌山県田辺市新屋敷町の「ときわ通り」で17日、「和」をテーマにした催し「ときわ通りひなまつり第二巻」(田辺まちなか春祭り実行委員会主催)があり、和服姿の人たちや親子連れらでにぎわった。  街...

初心者が三線学ぶ 石垣青少年の家

 三線に慣れ親しんでもらおうと、県立石垣青少年の家(新﨑善國所長)は17日午前、初心者三線教室を開始した。石垣市内から11人が参加、三線の持ち方から始め、全3回の日程を通して「新安里屋ユンタ」の演奏...

法要料理「菜飯」を調理 八重山の味つたえ隊

 八重山の伝統料理を後世に継承しようと取り組んでいる八重山の味つたえ隊(池村多喜美隊長、10人)は12日、石垣市登野城のまるたか農園で料理教室を開き、八重山で25回忌や33回忌法要の際に作る「菜飯(さい...

紀伊民報社

灯籠300個河原彩る 観燈祭で撮影会

 和歌山県田辺市龍神村の龍神温泉で、温泉街を灯籠で彩る「観燈祭」が開かれている。17日まで。  冬季に観光客を呼び込もうと龍神観光協会が催す恒例イベント。期間中、龍神温泉街のほか、村内の民宿や飲...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク